シャープ「AQUOSオーディオ」発表。音楽ホールの音響設計技術を応用

22.2ch音声信号入力に対応

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年06月26日, 午後 03:00 in aquos
0シェア
FacebookTwitter
AQUOS AUDIO 8A-C22CX1

シャープは、8K放送で採用されている音声フォーマット“MPEG-4 AAC”の「22.2ch音声信号入力」に対応したシアターバーシステム「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」を8月29日に発売します。価格はオープンですが、市場想定価格は税抜8万円前後です。

8K放送で採用されている22.2マルチチャンネル音響は、前後左右に加え、上下方向にもチャンネルを配置し、臨場感を高める3次元音響方式です。

本製品では、音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で豊富な実績を持つ鹿島建設と、音響技術分野で著名な英国サウサンプトン大学が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS(オプソーディス)」を採用しており、視聴者の前方に設置する本製品のみで音を全方位に届けられるといいます。

AQUOS AUDIO 8A-C22CX1

▲ウーハーやツィーターの配置(イメージ)

さらに、8K放送の22.2ch音声信号のみならず、地上デジタル放送や4K放送の2ch/5.1ch音声信号などでも、独自の音声処理によって立体音響を実現できるとのこと。

フロントスピーカーは、高音・中音・低音の3Wayスピーカーシステムで、各帯域のスピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを組み合わせることで、きめ細かな音場再生を実現できるとします。

また、HDMI入力された4K信号をそのままテレビに出力する4Kパススルーに加え、「Dolby Vision」のパススルー、「Dolby Atmos」、USB端子に接続したUSBメモリなどからのハイレゾ音源(WAV・FLAC, 192kHz/24bit)の再生に対応します。

映像に合わせて選べるサウンドモードは、室内競技場の反射音や残響音を再現する「インドア」モードと、スタジアムの臨場感を再現する「アウトドア」モードを備え、合計7種類のモードから選べます。さらに、会話音声帯域を増幅することで、映画やドラマなどの人の声の聴き取りやすさがアップするという「クリアボイス」機能を搭載します。

 AQUOS AUDIO 8A-C22CX1

▲テレビのリモコンで簡単に操作できる「AQUOSファミリンク」に対応

ほかにも、シャープ製テレビのリモコンを使った操作や、電子番組表の番組情報を読み取り、視聴中の番組ジャンルに適したサウンドモードを自動で選択する「ジャンル連動」などに対応します。

AQUOS AUDIO 8A-C22CX1


source:シャープ , AQUOSオーディオ 8A-C22CX1


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: aquos, sharp, tv, audio, sound, stereo, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents