AQUOS R6 SH-51B

NTTドコモがシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS R6 SH-51B」の最新ソフトウェアを配信しています。アップデート後はHDR画質や背景ぼかしの精度が向上するほか、「写真全体が暗くなる」「色が沈む現象」なども改善するとしています。

HDR画質については、屋外の逆光下で人物を撮影するときの肌の画質、写真全体が暗くなる現象、曇り空での風景撮影の際などで色が沈む現象、暗所において電球のような光源があるシーンでのHDR撮影画質が改善するとのこと。

また、背景ぼかしの制度が向上するほか、近くの被写体を撮影する際に、本来ピントが合うべき被写体ではなく後ろの被写体にピントが合う現象を修正したとしています。

ほかにも、撮影モード"ナイト"でのみ使用可能となっていた固定撮影の機能が撮影モード"写真"でも使用できるようになりました。暗所撮影時におけるモードの変更が不要になりました。

端末 ( 5G / Xi / Wi-Fi ) でソフトウェアを更新した場合にかかる時間は約25分。アップデート後は設定メニューのセキュリティパッチレベルが2021年6月になります。ビルド番号は AQUOS R6 SH-51B のホーム画面から「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」の順に進むと確認できます。

  • 過去ビルド番号:01.00.02

  • 最新ビルド番号:01.00.06


Source:シャープ


【関連記事】