AQUOS zero6
▲5G対応スマートフォン「AQUOS zero6」(au版 SHG04)のブラックとホワイト

KDDIはauブランドの新商品として、シャープ製のスマートフォン「AQUOS zero6」を2021年10月8日に発売します。販売価格は7万1585円(税込み、以下同)で、端末購入プログラム「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担総額は3万9905円です。

国内ではソフトバンクも取り扱いを発表しており、発売日はau版と同じ10月8日。販売価格は7万4880円で、同プログラム「トクするサポート+」適用時の実質負担総額は3万7440円です。

本製品の主な特徴は、4倍速表示対応の約6.4インチOLEDディスプレイや4010mAhバッテリーを搭載し、マグネシウム合金フレームの採用などにより、重量約146gを実現したこと。

背面側のメインカメラは約4800万画素の標準レンズや、約800万画素の広角レンズなどを含む3眼構成。ToFのほか、ブレの除去が可能な「ブレクリーナー」機能も搭載します。

このほか、決済アプリを一瞬で起動可能な「Payトリガー」や、指定場所にいくとテザリングが自動でONになる「テザリングオート」、SDカードトレイ、イヤホンジャックなどを備えます。


【関連記事】

シャープスマホ AQUOS zero6 発表。ブランド初の5Gミリ波対応、先代よりも軽量に

AQUOS zero6は軽すぎて脳がバグる sense6はOLED採用の利点が多い(石野純也)