Arcade 1 Up Jr
Arcade 1 Up

米Tastemakers,LLCが製造する家庭用ゲーム筐体Arcade 1 Upブランドから、新たに小さな子供向けの小型筐体Arcade 1 Up Jrが発表されました。パックマン筐体とパウ・パトロール筐体の2種類があり、前者にはパックマン、ギャラガ、ディグダグを収録。後者にはパウ・パトロールに関連したChase is in a Race、PAW Patrol Off Duty、PAW Patrol on a Rollが収録されています。

Arcade 1 Upは、もともと業務用アーケード筐体を自宅にも置きやすい3/4スケールで再現したもの。以前にはタイトーから日本でも発売されたことがあります。

Arcade 1 Up Jrは、小さな子供でもArcade 1 Upを楽しめるように、さらに小さくデザインされており、高さは927mmほど。4歳~8歳を対象としており、8インチのディスプレイを搭載するほか、子供でも操作しやすいよう、大型のボタンやジョイスティックを備えます。また、ゲームの動作を遅くしたり、ライフが無制限になったりという特別なモードも搭載します。

Arcade 1 Up Jr
Arcade 1 Up

小さな子供たちのあいだで、アーケード筐体で遊びたいという需要があるのかは定かではありません。ただ、家にArcade 1 Upがあり、両親や兄弟がそれで遊んでいるのを指をくわえて見ているだけという状況なら、それなりに需要はあるのかもしれません。

ちなみに製品詳細では「子供たちにあなたが育ったアーケードゲームの魅力を伝えるのに理想的な方法です」と説明されています。

パックマンモデルは10月15日、パウ・パトロールモデルは11月15日に280ドルで発売予定。日本での発売も期待したいところですが、これを買ってきたら「Switchが良かった」と言われないか心配なところです。

Source: Arcade 1 UP(1), (2)