Armx64

マイクロソフトは12月10日、Windows Insider ProgramのDevチャンネルに参加しているユーザー向けに「Windows 10 Insider Preview Build 20277/21277」を公開しました。

このうちBuild 21277ではArm版Windows 10でのx64エミュレーション、すなわちインテル系CPU向け64ビットアプリが動作可能になったとのことです。

現在の一般向けArm版Windows 10ではx86(32ビット)アプリのエミューレートが実現していたものの、主流となっているx64アプリは動作せず、動かすためには再コンパイルが必要とされていました。Arm64アプリはネイティブでサポートされ、最高のパフォーマンスが発揮できるとはいえラインアップはまだまだ充実していません。

そうした状況が続いたなか、MSは10月にまもなくx64アプリのサポートを追加すると予告。このたびようやく、一般向けではないプレビュー版とはいえ実現にいたった しだいです。

今回のプレビューではMicrosoftストアやその他の場所からx64アプリがインストール可能となり、Autodesk SketchBookのような実用アプリだけでなくロケットリーグのようなゲームも試せると謳われています。さらにはx32版しか実行できなかったChromeなどもx64版が使えるようになり、32ビットアプリに付きまとうメモリ不足の悩みからも解放される可能性が示唆されています。

ただしDevチャンネル(初期の機能やアイディアを積極的に試し、フィードバックを集める場)の性質上、最初は機能しないアプリもあるとのこと。本機能はまだ開発中であり、時間の経過と共に互換性とパフォーマンスの両面を改善し続けると述べられています。

Arm版Windows 10といえば、M1搭載Macでも仮想化を経由しつつも動作に成功し、Arm64ネイティブおよびx86アプリの両方で第2世代Surface Pro Xを凌ぐベンチマーク結果を出していました。アップル幹部もMSにOEMだけでなく一般ユーザー向けにライセンスを販売することを促すような発言もあり、今後はMacユーザーからも熱い目線が集まりそうです。

Source:Microsoft