スイッチ『世界のアソビ大全51』発売、4種遊べる無料版も配信。遊べ

遊びをせんとや

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年06月5日, 午後 07:16 in nintendo switch
0シェア
FacebookTwitter
世界のアソビ大全51 (Nintendo Switch)

ニンテンドースイッチの必携ソフト、『世界のアソビ大全51』は6月5日発売です。

世界のアソビ大全51は、花札や麻雀、チェスにポーカー、バックギャモンにチェッカーなど伝統的なアナログゲームから、ゴルフ・トイサッカー・ボウリング・タンク(戦車バトル)などシンプルなアクションまで、50種以上の遊びを詰め込んで税別3980円の恐るべきタイトル。

Gallery: Nintendo Switch『世界のアソビ大全51』 | of 13 Photos

  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo
  • 世界のアソビ大全51
    世界のアソビ大全51
    Image Credit: Nintendo

製品版のほか、大富豪・ドミノ・コネクトフォー・スロットカーの4種が遊べる無料版『世界のアソビ大全51ポケットエディション』も配信中です。

一人が製品版を持っていれば、残りは無料のポケットエディションでも、全種類のゲームがSwitch本体持ち寄りのローカル通信で遊べます。

世界のアソビ大全51 (Nintendo Switch)

前作にあたる『だれでもアソビ大全』がニンテンドーDSで発売されたのは2005年。『nintendogs』や『脳トレ』と同じくTouch! Generations のブランドで展開した、広く老若男女向けゲームのひとつです。

DS版は40種以上のさまざまなゲームが遊べましたが、デバイス性能、特にディスプレイの制約もあり、カードやコマは記号的な表現でした。

スイッチ版の新作『世界のアソビ大全51』はハードウェア性能の向上を受けて、コマやピースや盤面が目にも耳にも楽しく生まれ変わっています。またすべてのゲームにフルボイスで解説が付きました。

収録タイトルはボードゲームが20種、カードゲーム13種、スポーツ10種、バラエティ8種。前作はカードゲームだけで20種以上でしたが、今作は表現の幅が広がったためか、盤面を広く使うボードゲームや、アナログのトイを再現したスポーツゲーム、戦車バトルや落ち物パズルなど単品で成立するミニゲームまでバラエティ豊かになりました。(逆に「ゴニンカン」はじめカードゲームは減っています)。

麻雀や花札、リバーシ、チェス、バックギャモン、ビリヤード、ゴルフ、ダーツ、ボウリング、麻雀ソリテア(いわゆる上海)などなど、シンプルながら単品で売られていても十二分に成立するゲームが多く、eShopの民業圧迫?が心配になるほど。

ビデオゲームはあまり遊ぶ習慣がなかった年配のかたや、逆にこれから世界に存在するあらゆる遊びに触れる子供まで、一緒に遊べるのは大きな魅力です。

誰でも知っているゲームが遊べると同時に、「マンカラ」や「ナインメンズモリス」、「ウサギと猟犬」、「チャイニーズチェッカー」「ルドー」など、有名ゲームに比べれば馴染みがない、盤面は見たことがあっても遊び方は知らないゲームも多数収録。

すべてのゲームに動画チュートリアルや遊び方が用意されるため、ルールを知らなかったゲームもひとりでじっくり学んだり、対戦しつつ覚えられる教養ソフトでもあります。

前作の「ソーダゲーム」(瓶のソーダを振りながら回して溢れたら負け)がなくなったのは残念ですが、暇つぶしにも熱い勝負にも、老若男女問わずみんなで遊ぶときにも、タイムトラベルや異世界転生に備えてあらゆるゲームに精通しておくためにも、単に超絶お得で品質保証のミニゲーム集としてもマストハブなタイトルです。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|世界のアソビ大全51

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: nintendo switch, clubhouse games, nintendo, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter