Livedoor News
Livedoor News

オープンワールド ヴァイキング人生シミュレータ『アサシンクリード ヴァルハラ』の発売にあわせて、人気ヴァイキング漫画『ヴィンランド・サガ』の作者 幸村誠氏がアサクリ ヴァルハラを解説する動画が公開されています。

精緻な時代考証で知られる作家としてゲーム内の文化や風俗、歴史について語るほか、『アサシンクリード ヴァルハラ』の主人公エイヴォルと自作の主人公トルフィンを比較して、エンタメとしてのキャラクターデザインと史実の関係について漫画家の目線で語るなど、『ヴィンランド・サガ』のファンも、アサシンクリード新作を始めた・気になるゲーマーも楽しめるコンテンツです。

Livedoor News
Livedoor News

11月10日から次世代機ゲーム機を含むマルチプラットフォームで発売された『アサシンクリード ヴァルハラ』は、歴史を超えて争う秘密結社と暗殺教団の戦いを描いた人気オープンワールドRPGシリーズ。

12世紀のエルサレム周辺を舞台にした第一作以来、ルネサンス期イタリアやプトレマイオス朝の地中海世界、独立戦争期アメリカなどシリーズを重ねるごとに精緻な時代考証や再現度が高く評価され、歴史教材コンテンツとしても使われる作品です。

Livedoor News
Livedoor News

最新作『アサシンクリード ヴァルハラ』は9世紀のノルウェー・イングランドが舞台。新天地を求めたヴァイキングの主人公が、イングランドをやりたい放題に侵略略奪しつつ定住地を発展させる過程が大きな部分を占めています。

Livedoor News
Livedoor News

幸村氏がヴァルハラのプレイを見つつ語るのは、各分野の専門家を招いてゲームでの描写について聴く動画シリーズ「ゲームさんぽ」の企画。

アサシンクリード シリーズは専門の歴史家を含むチームが時代考証や表現を監修することで知られていますが、幸村氏は『ヴィンランド・サガ』の執筆にあたり膨大な資料を集め、現地取材もした作家の立場で語ります。

話題は主人公が所属する「カラスの戦士団」をはじめ頻出するカラスの北欧神話・文化における位置づけ(知識の神たる主神オーディンの使い)から、当時の人は何を食べていたのか? 釣り竿は使われていたか(東洋は竹があったが北欧は)? 家が船をひっくり返したような形をしている理由(船大工が家も建ててた)、ヴァイキングにやたらと三つ編みが多い理由、エイヴォルたちヴァイキングの子孫が史実で辿った歴史などなど。

歴史文化の専門家というよりも、これは知らなかった、自分もここは気になったが調べきれなかった等も含め、同じテーマで別ジャンルの作品に取り組んだクリエーターとして語るのが面白いところです。

たとえばエイヴォルのデザインを評して、 主人公としての華がある「伊達」な衣装でありつつ、当時ありえた衣服の範疇から逸脱しきらず世界観に収めている点、 リアル一辺倒で地味な自作の主人公と並べても成立する範囲でなおかつ格好いいことについてはクリエーターとして嫉妬するなど。

幸村氏はアニメ化もされた人気ヴァイキング漫画の作者として、今回の動画とはまた別に、アサシンクリード ヴァルハラの開発販売元Ubiと公式にコラボした短い外伝漫画も執筆しています。

ASSASSINS CREED VALHALLA - アサシンクリードヴァルハラ | Ubisoft