約3.5万円の小型WindowsノートPC「ASUS E210MA」をチェック。Chromebook対抗になり得るか?

NumberPadはOfficeユースでも便利

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年08月20日, 午前 11:01 in asus
0シェア
FacebookTwitter
ASUS E210

ASUSから11.6型の小型ラップトップ「ASUS E210MA」が発表されました。最近は13型以上のラップトップが主流になっており、11.6型と小さめの端末は久しぶりの登場ではないでしょうか。価格も3万3455円(税別)と、Windows PCとしては非常に安価になっています。

そんなASUS E210MAを発売前に少しお借りしたので、簡単なレビューをお届けします。

ASUS E210MAは11.6型(1366x768ドット)と最近ではChromebookぐらいでしか見ることが少なくなった小型ラップトップ。筐体には樹脂素材を採用しており、約1.08Kgと軽量です。また、天板はさりげなくASUSロゴが入るなど、全体的にポップな印象を受けます。

ASUS E210
▲中央にASUSのロゴ

ディスプレイは背面に回転しませんが、180度フラットには開けます。打ち合わせなどで画面を見せるときには便利でしょう。

インターフェースは画面に向かって左側面に電源ジャック、microSDカードスロットスロット、USB Type-Cポート、HDMI出力、USB-Aポート。右側面にはUSB-Aポートと3.5mmジャックを備えます。

ASUS E210
▲コンパクトな端末ながら、フルサイズのHDMIがあるのはうれしい

充電には専用のACアダプタが必要となりますが、バッテリー駆動時間は公称で約12.7時間と長めです。フルに使ったわけではありませんが、体感でも8時間程度は持ちそうでした。

キーボードも十分に広く、キーピッチは18mmほど。しっかりしたクリック感もあり、打鍵感は良好です。剛性も高く、安物PCにありがちな、キーボードがたわんでしまうといったこともありません。

ASUS E210
▲Enter周りの縁取りがいい感じ

ここで目を惹くのはタッチパッド。ZenBookなど、上位モデルで採用されているNumberPadを搭載します。これは、タッチパッド右上のアイコンを1秒長押しするとタッチパッドをテンキーとして利用できるというもの。NumerPadを利用中でも、タッチパッドとしてマウスカーソルの操作は可能です。

ASUS E210

なお、指紋センサーは非搭載。ディスプレイ上部にフロントカメラを搭載していますが、こちらもWindows Helloには非対応です。

OSはWindows 10 Home(Sモード)。もちろんSモードを解除してWindows 10 Homeとして利用できますが、今回は借り物なのでSモードのまま使っています。ストレージ容量は64GB。初期状態での空き容量は30GB弱といったところ。

ASUS E210
▲OSはWindows 10 Home in S mode

CPUがCeleron N4020(デュアルコア)、メモリ(RAM)容量が4GB(DDR4-2400)ということもあり、操作時はもっさりした印象。YouTubeでは一覧表示が数秒待たないと表示されず、再生も読み込みに時間がかかります。

YouTubeの再生を始めると、CPU使用率が100%近くに貼り付いてしまい、文字入力もままならない状態に。ただし、ずっとこのままというわけではなく、しばらくすると30~50%に落ち着きました。

ASUS E210
▲動画を見ながらの作業はかなり厳しい

Officeアプリなどは、起動してしまえば気になりませんが、その起動までに少し待たされる感じです。いずれにせよマルチタスク的にあれもこれと作業するには厳しく、その意味では集中して作業する人向けとも言えそうです。

最後にCINEBENCH R20でベンチマークを取ってみました。結果は328pts。

ASUS E210
▲CINEBENCH R20の結果は「328pts」

CrystalDiskMark 7.0.0は、以下のような結果になりました。アプリ起動時のもたつきは、ストレージ(eMMC)の遅さも関係しているのかもしれません。

ASUS E210

海外ではRAM8GBモデルや256GB/512GBのPCIe SSDモデルも用意されていますが、日本ではCeleron N4020、RAM4GB、ストレージ64(eMMC)モデルのみ。本体カラーは今回紹介したドリーミーホワイトのほか、ピーコックブルー、ローズゴールドの3色展開となっています。

サイズ、価格ともChromebook対抗となりそうなASUS E210MAですが、このスペックであれば大抵のことはChromebookで間に合うような気もします。Windowsでしか利用できないアプリを使っている、あるいは子供に使わせるのによく知っている(教えられる)Windows端末がいいという場合には良いかもしれません。

ともあれユーザーとして選択肢が増えるのはうれしいところ。あまりあれこれとできる端末ではありませんが、出先でのブラウザやドキュメント作成などがメインであれば、十分に使えそうです。

関連リンク:ASUS


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, PC, personalcomputing, laptop, news, gear
0シェア
FacebookTwitter