Engadget

ASUS JAPANは11月24日、2-in-1ノートパソコン「ASUS Vivobook 13 Slate OLED」2モデルを発表しました。8GBモデルは109,800円で12月上旬に発売予定、4GBモデルは94,800円で11月25日に発売予定です。

ASUS Vivobook 13 Slate OLED T3300KA-LQ049W(Amazon) ASUS Vivobook 13 Slate OLED T3300KA-LQ046W(Amazon)

「ASUS Vivobook 13 Slate OLED」のディスプレイは有機ELを採用し、応答速度0.2msでHDR規格のDolby Visionに対応しています。ほか、DCI-P3 100%の広色域に対応し、DisplayHDR 500 True Black、PANTONE、TÜV Rheinlandの各認証も取得しています。別売りのスタイラスペンでの入力にも対応しています。

更に、スピーカーを4つも搭載し、バーチャル5.1.2chサラウンドに対応したDolby Atmos技術にも対応しているのでコンパクトなメディアプレイヤーとしての実力も期待できそうです。

Engadget

マグネットで着脱できるデタッチャブルキーボードを付属しており、タブレット・ノートPCを切り替えて使えます。タブレット状態では785gの軽さ、8.25mmの薄さ、スタンドカバーを取り付けたノートパソコンの状態でも約1.385kgの軽さと17.55mmの薄さを実現。

Engadget

キーボードはキーピッチ19.05mmのフルサイズでキーストロークは深めの1.35mmとなっています。

また、カメラは画面上部だけでなくスマートフォンのように背面側にも搭載。インカメラは491万画素でアウトカメラは1,258万画素です。

Engadget
スタンドカバーは縦置きにも対応しています

Engadget

関連リンク:ASUS Vivobook 13 Slate OLED