ASUS VivoWatch SP

ASUSがヘルスケアに特化したスマートウォッチ「ASUS VivoWatch SP(HC-A05)」を7月9日に発売します。ASUS VivoWatch SPは2019年のIFA 2019で発表されたスマートウォッチ。日本でも発売されているVivoWatch BPの後継モデルとなります。いかにもヘルスケアトラッカーな前モデルとは異なり、一般的なスマートウォッチのような見た目となり、常に身に着けていても違和感のないデザインとなりました。

ASUS VivoWatch SP(Amazon)

円形ディスプレイになったVivoWatch SP

ディスプレイは1.34インチ(320x300)のTFT液晶。最近のウェアラブルは、色鮮やかな有機ELディスプレイの採用が増えており、それらと比べると発色で見劣りもしますが、時計や通知など、必要な情報は問題なく見られます。

ASUS VivoWatch SP
▲ディスプレイ下部はよく見ると切りかかれている形状。なお、輝度は暗めで最大にしてもちょっと見にくい

裏面には脈波心拍(PPG)センサーを搭載。心拍だけではなく脈波O2レベル(血中酸素飽和度、ようするにSpO2)の計測にも対応します。ただし、他のウェアラブルデバイスと同様、SpO2はあくまでも参考値です。

ASUS VivoWatch SP

充電は背面のPOGOピンを使用。専用のクリップ型充電器で挟みます。バッテリー持ちは通常使用で約10日間とのこと。

ASUS VivoWatch SP

本体側面、右側にはもう一つのPPGセンサーとホームボタン、左側には脈波伝播時間(PTT)計測のための電極を備えます。

ASUS VivoWatch SP
▲本体右側にはPPGセンサーとホームボタン。ボタンは回転などの操作はなく、押し込むのみ操作です
ASUS VivoWatch SP
▲左側にあるボタンのようなものは電極。特に操作はできません

脈波伝播時間(PTT)による血圧測定に対応

VivoWatch SPの大きな特徴となっているのが、血圧が測定できること。といっても、当然ながら加圧式で計測するわけではなく、脈波伝播時間(PTT)を計測して血圧を推定する方式です。国内では利用できませんが、Galaxy Watch Active 2などと同じ方式です。

このPTT計測ですが、基本的には本体背面のセンサーのみを利用して、指定間隔(5/10/30/60/120分間隔)で自動計測が行われます。

測定方法は簡単で、PTT指数画面にし、本体左右のセンサーと電極に指を添えると測定が始まります。PTT指数(血圧)のほか、心拍、血中酸素濃度、ストレス解消指数も同時に計測され、結果は本体やアプリで確認できます。

ASUS VivoWatch SP

ただ、より正確な計測値とするため、初回に装着者に合わせてキャリブレーションを行う必要があります。このときは、信頼性の高い血圧計(一般的なカフ式の血圧計になると思います)での計測結果も必要です。

ASUS VivoWatch SP
▲一般的な血圧計を使って定期的なキャリブレーションが必要

また、このキャリブレーションのときだけ、本体側面にあるセンサーと電極も使用します。

ASUS VivoWatch SP
▲キャリブレーション時には本体の電極とPPGセンサーを使います

ただし、この側面センサーを用いた計測が曲者で、はじめは20回以上やり直してやっと1回計測できるかどうかという状況でした。指の置き方(センサーへのタッチの仕方)がかなりシビアな設定になっているようです。繰り返し試すうちに上手く認識してくれるタッチの仕方がわかってきたので、それ以降は比較的スムーズに計測できるようになりました。このキャリブレーションは、月に1回程度の頻度で行う必要があるとのことです。

ASUS VivoWatch SP
▲うまく計測できないとエラーになります

肝心の計測値の正確性ですが、VivoWatch SPでのPTT計測結果が121/79だったときに、カフ式の血圧計で測った結果は129/75でした。参考値としては十分な精度ではないかと思います。

睡眠計測は寝返りの回数もカウント

一般的なスマートウォッチと同じく、歩数や消費カロリー、エクササイズの記録にも対応。ただエクササイズはウォーキングやランニングなどの区別はなく、大きく屋内・屋外が分かれているだけです。運動目的ではなくあくまでも健康目的と考えるなら、これくらい大雑把のほうが気分的にも楽そうです。ちなみに、GPSを内蔵しており、屋外を選ぶとルート情報なども記録されます。

ASUS VivoWatch SP
▲エクササイズは種類などはなく、屋外、屋内の2択

ASUS VivoWatch SP
▲専用アプリのホーム画面(左)とエクササイズの計測結果(右)。屋外の場合はGPSでルートも取れるようです

また、ヘルスケア特化ということで、もちろん睡眠計測にも対応します。PTT自動計測により、睡眠中の血圧や心拍、血中酸素飽和度はもちろんのこと、寝返りの回数まで計測してくれます。自分ではこれが正確なのかは把握できませんが、睡眠時間は長いのにあまり眠れた気がしないというような場合には、睡眠の深さと合わせて確認してみるといいかもしれません。

ASUS VivoWatch SP
▲睡眠データ(左)とPTT指数(右)。PTTは1時間毎に自動計測なので、寝ている間も計測してくれます

このほか、スマートウォッチらしくスマートフォンからの通知やメールも表示できます。ただし、メールは件名のみで詳細の表示はできません。

ASUS VivoWatch SP
▲メールは件名のみ表示可能。もちろん、通知を出すアプリは指定可能です

健康管理重視ならおすすめ

スマートウォッチとしてみた場合、機能や使い勝手に物足りなさはありますが、血圧(PTT)を自動測定できるのは健康管理の面では大きな魅力。他のスマートウォッチやフィットネストラッカーにはない特徴を持ちます。

積極的に運動をして健康管理をしたいのであれば、さらに適したデバイスがありますが、運動ではなく血圧や心拍などに気を付けたいという健康管理目的なら、ASUS VivoWatch SP が合うのではないかと思います。

ASUS VivoWatch SP(Amazon)