AUAU ZenBeam Latte
ASUS

オンライン開催中のCES 2021にて、ASUSが小型プロジェクターZenBeam Latte L1を発表しました。ファブリック素材で覆われており、コーヒーショップのグランデサイズと同じぐらいの大きさで、16オンス(約470ml)のコーヒーカップからインスピレーションを受けたとのことです。

似たような小型プロジェクターは、AnkerがNebula Capsuleシリーズをリリースしていますが、印象としてはそれにかなり近いです。

明るさは300ルーメンで、解像度は720pで1mの距離から40インチ、3mで最大120インチの投影が可能。HDMIのほか、モバイルデバイスからのワイヤレスミラーリングに対応します。BenQなどのモバイルプロジェクターなどにも採用されているAptoideTVを使い、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflixなどを単独で視聴できます。

また、Harman Kardon監修の10Wスピーカーを搭載し、Bluetoothスピーカーとしても利用出来ます。6000mAhのバッテリーを内蔵しており3時間の動画投影、12時間のスピーカー動作が可能。

発売時期や価格は発表されていませんが、米国では第2四半期に発売となるようです。

家で過ごす時間が増えているだけに、家中どこでも持ち運べるコンパクトなプロジェクターは、後、ますます重要な需要なアイテムとなるかもしれません。

source: ASUS