スマートディスプレイ「Atmoph Window 2」複数台を連携できるパノラマ機能をリリース

Panorama Wallの取り組みも発表

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月1日, 午後 04:30 in Iot
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

アトモフは9月1日、窓型スマートディスプレイ「Atmoph Window 2」のパノラマ機能をリリースしました。パノラマ機能ではAtmoph Window 2を横に3台並べて風景をつなぎ合わせ、ひとつの大きな風景を楽しめます。

「Atmoph Window 2」はインターネットを通して世界中の風景を閲覧できるスマートディスプレイです。4Kで撮影された風景とサウンドを楽しむことができます。販売価格はBasicモデル4万4800円(税別)、Wood(カリモク家具製)モデルが6万9800円(税別)です。

Engadget
Engadget Japan

アトモフは2020年度内を目処にAtmoph Window 2を横並びだけではなく、上下にまで並べて壁一面を窓で覆ったり、さらに2x2、 3x3や、横に7台が2段など複数台連携をも視野に入れたPanorama Wall(パノラマウォール)への取り組みについても発表しました。

source:PR TIMES

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Iot, Display, Art, news, gear
0シェア
FacebookTwitter