au、画像認識技術を用いた検温器導入。スタートアップのコロナ対策技術を採用

「MUGENLABO支援プログラム 2020」第1弾として実施

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年08月18日, 午後 12:20 in kddi
0シェア
FacebookTwitter
au-JOYSOUND
Engadget Japan

KDDIとエクシングは、新型コロナウイルス感染症対策の強化を目的に、画像認識技術を用いた来店者の体温測定や、展示デモ機の接触検知などスタートアップ計7社の技術を採用しました。

KDDI直営店の au IKEBUKURO では、画像認識技術を用いた体温測定器や、スマホを除菌する紫外線除菌ケースなどのほか、紫外線照射ロボット「UVバスター」を導入。来店客の体温測定や夜間の店舗内除菌清掃を自動化する取り組みなどを行います。

エクシングの子会社であるスタンダードが運営するJOYSOUND池袋西口公園前店には、設備・サービスに関する質問を人を介さず自動で応答するコミュニケーションロボ「Kebbi Air」をエントランスに設置。ほかにも検温機器やカラオケルーム内マイクの常時除菌する紫外線除菌BOXを導入します。

この取り組みは、「KDDI ∞ Labo」パートナー連合46社が共創環境(保有施設・開発環境)や専門分野に関するデータ・知見などの自社アセットをスタートアップに提供し、新型コロナウイルス感染症の影響下におけるスタートアップの事業継続を支援する「MUGENLABO支援プログラム 2020」の第1弾として、スタートアップの新規商材開発や技術採用事例創出に貢献するものです。


source:KDDI


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: kddi, coronavirus, au, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents