Engadget

KDDIは4月16日、東京都の発行する納付書が「au PAY(請求書支払い)」に対応し、5月6日から「au PAY 残高」で支払えるようになることを発表しました。

「au PAY(請求書支払い)」は、「au PAY アプリ」で提供する公共料金などの納付書をもとに、24時間いつでも支払えるサービスです。さらに、支払い金額に対し0.5%のPontaポイント(200円ごとに1ポイント)が還元されます。今回発表された納付書の支払いについての詳細は下記のとおりです。

Engadget

1.開始日

2021年5月6日

2.対象税目

自動車税種別割

固定資産税・都市計画税(23区内)

固定資産税(償却資産)(23区内)

不動産取得税

個人事業税、など

3.利用方法

以下手順で利用できます

1「au PAY アプリ」TOPの「請求書支払い」アイコンをタップ

2「請求書支払い画面」から「バーコードを読み取る」をタップ

3 お手元の納付書のバーコードを読み取り

4 決済確認画面がでてきますので納付書の情報と相違ないことを確認の上「支払いを確定」をタップ

5 支払完了。履歴は「請求書支払い画面」の「履歴」で確認できます。

 

Source:KDDI