au新スマホ発表。Galaxy Z Fold2・Note20 Ultra・Xperia 5 IIなど6機種 すべて5G

今期以降の新製品はすべて5G対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年09月25日, 午前 10:00 in 5g
0シェア
FacebookTwitter

auが2020年秋冬のスマートフォン新モデルを発表しました。内訳はサムスン・ソニー・シャープ製の6機種で、全機種5Gに対応。また、今期以降にauが発売する全てのスマートフォンは5Gに対応することも明かされました。

※記事内の画像はすべてグローバルモデルです。au版はカラバリやロゴなどが異なる場合があります。

Galaxy Z Fold2 5G(11月上旬発売)

昨年発表された折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」の後継モデルです。先代の弱点であった『閉じたときのディスプレイの狭さ』を改善し、カバーディスプレイを4.6インチから6.2インチへ大型化。加えて、開いたときのディスプレイも7.3インチから7.6インチへと大型化。ディスプレイも120Hz駆動となり、表示のなめらかさが向上しています。

なお、前モデルと同様にFeliCaには非対応です。プロセッサにはクアルコム最新の「Snapdragon 865 Plus」を搭載します。RAMは12GBで、バッテリーは4500mAh。ヒンジも75度から115度の範囲で半開きで固定できるようになり、机に置いたまま使うスタイルも可能になっています。

関連
二代目折りたたみスマホ Galaxy Z Fold2発表。閉じてもフチなし大画面に改良
Galaxy Z Fold2は閉じても開いてもスキなしの最強折りたたみスマホだ(動画レビュー)

Galaxy Note20 Ultra(10月中旬発売)

本体に収納できる「S-Pen」を使って画面に手描きできる「Galaxy Note」シリーズの最新モデルです。前モデルと比較した最大の進化は「S-Pen」で、レイテンシを0.009秒に短縮したことで、人間の目ではラグを認識できないほど、ペン先に描画が高速追従するようになっています。また、ディスプレイのリフレッシュレートも120Hz駆動に高速化しています。

「光学5倍望遠」のペリスコープレンズを搭載するカメラも売り。標準画角のメインカメラには「Galaxy S20 Ultra」と同じ1億800万画素の超高画素CMOSセンサーを採用するほか、レーザーオートフォーカスにも対応し、素早いフォーカス合わせが可能になりました。加えて、超広角カメラを搭載するほか、フォーカスやマイクの指向性、露出、ズームなどを調整した高度な動画撮影にも対応します。

関連
速報:Galaxy Note20 / Ultra発表。Sペンが進化、レイテンシ0.009秒に短縮

Galaxy Z Flip 5G(11月上旬発売)

昨年発表された縦折りスマートフォン「Galaxy Z Flip」の5G対応モデルです。単に5Gに対応しただけでなく、プロセッサもSnapdrgaon 865 Plusに強化しています。それ以外のハードウェアは「Galaxy Z Flip」とほぼ共通です。

関連
Galaxy Z Flipレビュー:『折りたたみスマホ』の洗練された価値提案

Xperia 5 II(10月下旬発売)

ソニーモバイルの5G対応スマートフォン第2弾です。夏モデル「Xperia 1 II」の基本仕様を継承しつつ、画面を6.5インチから6.1インチへ小型化。さらに、ディスプレイの駆動速度を120Hzに高め、かつフレーム毎に黒画面挿入を行うことで、240Hz画面書き換えを実現しています。これにより、ゲーミングなどでの快適性を向上させています。

また、先代「Xperia 5」に比べて、バッテリー容量を3140mAhから4000mAhへと大容量化しながら、基板の設計を見直すことで本体の小型化を実現しています。

関連
ソニー新スマホ「Xperia 5 II」発表。1 IIを超える240Hz有機EL、5G対応

AQUOS sense5G(2021年春発売)

「5Gといえばハイエンド」というイメージを覆す、シャープ製のミドルレンジ5Gスマートフォンです。価格は未公表ですが、3〜4万円台が想定されています。ディスプレイは5.8インチフルHD+(2280 x 1080)IGZO液晶を採用。また、AQUOSスマホ史上最大の4570mAhバッテリーを搭載し、1日1時間程度の使用と23時間の待受というライトな使い方では、1週間電池が持つとうたっています。

関連
3万円台の可能性──シャープ初の廉価5Gスマホ AQUOS sense5G、ユニークな機能も

Galaxy A51 5G(11月中旬発売)

4500mAhの大容量バッテリーを搭載し、ミドルレンジながら15Wの急速充電にも対応。パンチホール型のインカメラを搭載した「Infinity-O」ディスプレイにより、没入感のある映像視聴が可能です(実機画像は発表会終了後に追記します)。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 5g, kddi, smartphone, mobile, news, gear
0シェア
FacebookTwitter