KDDIは、メインブランドの「au」と、サブブランド「UQモバイル」間の移行手数料などを2021年2月に撤廃します。また夏以降、ブランド間の移行手続きを料金プランと同様のシンプルな手続きに変更します。

同社はこれまでも割引策を講じていたものの、両ブランド間を乗り換える場合には、契約解除料の9500円やMNP転出手数料の3000円、そして契約事務手数料の3000円などを含め、最大1万5500円がかかる場合がありました。

この『移行コスト』について、武田良太総務大臣は『サブブランドで値下げしたと言いながら、サブブランドへの乗り換えに高いハードルを設けるとは、国民を欺いている』と問題視。これを受け、ソフトバンクは本日夕方に移行手数料の撤廃を発表。KDDIもこれに即座に追従した格好です。

なお、改定後も実店舗では3000円の手数料が必要なソフトバンクと異なり、KDDIは実店舗とオンラインの両方で手数料を撤廃します。

今回の改定により、auとUQモバイル間の移行ハードルは大きく下がることになります。また、夏に予定する『ブランド間の移行手続きを料金プランと同様のシンプルな手続きに変更』は、詳細は語られていないもののUQモバイルの実質的な料金プラン化を意味するのかもしれません。

関連記事:

ソフトバンクとワイモバイル間、乗り換え手数料が撤廃 来年春から(追記)KDDIも2月から

武田総務大臣「値下げで誠意を見せて」携帯キャリアに要請


source:KDDI