210715audible

プロのナレーターや俳優、声優が朗読した本(オーディオブック)をスマホやPCなどのアプリで聴くという、新しい読書体験ができる「Audible」(オーディブル)。ニュースからお笑いまでバラエティーあふれるポッドキャストも聴くことができ、オフライン再生にも対応。通勤・通学の移動中やリラックスタイムなど、好きな時間や場所で気軽に読書を楽しめるのが特長です。

Amazon Audible

Audibleには、新作が続々と追加されていますが、初の“オーディオファースト”作品である「春のこわいもの」の配信が開始されました。

春のこわいもの Audible版

(著者:川上未映子、ナレーター:岸井ゆきの、再生時間:5時間31分)

210715audible

「春のこわいもの」は“感染症”大流行直前の日常を舞台に描かれる6篇の物語で構成されています。特徴は、老舗の文芸出版社である新潮社とAudibleがタッグを組み、書籍として出版されるよりも先にAudibleで配信が開始される“オーディオファースト”作品であること。著者の川上未映子さんは以前、作品の執筆にチャレンジするにあたり、次のようにコメントしています。

「文章には、いくつもの音があると思います。音読と黙読でも違うし、文字が模様として醸す響きもあるし、自分の声と誰かの声でも異なるリズムが生まれます。書き言葉で作られた作品が、まず文字として読まれるのではなく、朗読の音として届けられるのだと思うと、未知の風景に出会うようなときめきを覚えます。それによって物語はどんな色合いになるだろう。イメージや余韻にどんな変化があるだろう。とても楽しみにしています」

210715audible

ナレーションを担当したのは女優の岸井ゆきのさん。2009年のデビュー後、数々の映画やドラマ、舞台で活躍しており、現在はTBS系ドラマ「#家族募集します」に出演中です。

現在、音声サービスの市場は急成長を見せています。Audibleの“オーディオファースト”作品では、作家・三浦しをんさんの作品も今冬の配信が予定されており、今後のさらなる展開にも期待したいところです。

Amazon Audible