Engadget

運動通信社が運営しているスポーツメディア「SPORTS BULL (スポーツブル)」内のコンテンツ「バーチャル高校野球」が、KDDIの協力のもと地方球場の通信ネットワークを整備して地方大会全試合中継を目指すプロジェクトを実施します。

「SPORTS BULL」は年間1万試合以上の学生スポーツ、アマチュアスポーツのライブ配信や競技のニュース記事を配信しており、スマートフォンアプリかウェブにて無料で利用できます。

「バーチャル高校野球」では第103回全国高校野球選手権大会の地方大会の2,400試合以上ライブ中継予定です。各都道府県で開催される地方大会の準決勝以降の試合が中継の対象ですが、計29の地方大会においては全試合をライブ中継します。

【全試合ライブ中継の地方大会 29大会】

青森、岩手、秋田、栃木、群馬、埼玉、千葉、山梨、愛知、新潟、長野、石川、福井、滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、岡山、鳥取、山口、香川、徳島、愛媛、長崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄

Engadget

今年度から、各地方大会の映像を見逃し配信を有料で提供します。価格は試合ごとの購入で1,960円、高校野球全試合の購入で4,900円です。

Engadget
▲「スーパープレイ動画」を短尺の縦型動画で配信予定です

また、第25回となる今年の全国高等学校女子硬式野球選手権大会は、3回戦 (ベスト16) 以降をライブ中継予定です。決勝戦は史上初となる甲子園球場で開催されます。

関連リンク:SPORTS BULL

Source:KDDI