人間vs恐竜も!濃い戦闘シミュレーションが熱い『Ultimate Epic Battle Simulator』:発掘!インディゲーム

自分だけの戦場を作っちゃおう!

龍田優貴(Yuuki Tatsuta)
0シェア
FacebookTwitter
image

ゲームタイトル配信プラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品の中から、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ!今回ご紹介するのは『Ultimate Epic Battle Simulator』です。

発掘!名作ゲーム 連載一覧

image

『Ultimate Epic Battle Simulator』は、 Brilliant Game Studiosが開発を手がけたシミュレーションゲーム。多種多様なユニットを配置して、自分なりの戦闘模様を演出しましょう。

image

本作で行えるのは、ずばり"戦闘シミュレーション"。兵種の異なるユニットを最大8部隊まで指定し、自由に戦わせることができます。

まずは画面右のマップ画像を参考にしつつ、舞台となるフィールドを設定。次に画面左のカテゴリー欄から任意のユニットを選択します。後は出現人数をボックスに打ち込んでユニットをフィールドに配置。全ユニットの配置を終えたら画面下の「START BATTLE」をクリックし、シミュレーションを始めてください。

image

シミュレーション戦では各ユニットが入り乱れる大規模な戦闘が勃発。プレイヤーはカメラアングルを自在に動かし、彼らの戦いを好きな場所から観察することができます。シミュレーションはユニット間の戦いが終了するまで続きますが、もし途中でやめたい場合はESCキーから任意のタイミングで終了させても構いません。

image

戦闘中のユニットを右クリックで選択すれば、簡易ながらリアルタイム操作が行えるように。ユニットに応じた攻撃アクションも発動できるため、「このユニットを勝たせたい!」といった際にある種の"肩入れ"も可能です。画面左下の体力を全て失った場合は、臨機応変に次のユニットへ操作権を移しましょう。

image

『Ultimate Epic Battle Simulator』は人間同士の戦いだけでなく、「恐竜vsアメリカ歩兵軍」、「ジャイアントオークvsゾンビ」、「鋼鉄メカvsニワトリ軍団」などなど、そのほか想像力次第で色んなユニットの組み合わせを実現できます。戦闘アクションを楽しむ!というよりは、ジオラマ模型のようにユニットの小競り合いを眺めるのが楽しい本作。興味のある方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

発掘!名作ゲーム 連載一覧

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 発掘インディーゲーム, excavationgame, game, games, pc, PC Gaming, PcGaming, steam, windows, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter