BAYONETTA3
PlatinumGames

任天堂が24日朝に配信した「Nintendo Direct 2021.9.24」にて、『ベヨネッタ3』が2022年発売と発表されました。2017年に「ベヨネッタ」シリーズ完全新作として発表されて以来、今年6月のE3では続報があるかもとの期待も肩透かしとなりましたが、実に足かけ4年越しに完成のめどが立った模様です。

また発売が夢でも幻でもない証拠として、両手両足に銃を携えた美しき魔女ベヨネッタが大魔獣と融合して強大な魔力を振るう「デーモン・マスカレイド」や、大魔獣を思うがままに使役して敵を駆逐する「デーモン・スレイブ」など、新たなアクションが確認できるトレーラーも公開されています。

これまで大魔獣は召還されて仕事を果たすとすぐ帰っていきましたが、今作ではプレイヤー自らが巨体を操作できることで、まるで怪獣映画のような迫力あるシーンが展開されているようです

最新作の世界観監修やシナリオは、これまで通りベヨネッタ生みの親である神谷秀樹氏が担当。その一方で「作品に新しい風を吹かせるため」として神谷氏はエグゼクティブディレクターとなり、ディレクターには『The Wonderful 101』『ASTRAL CHAIN』などのゲームデザイナーを務めた宮田祐輔氏が起用されています。

またベヨネッタのデザインは、神谷氏いわく「彼女の専属ファッションデザイナーと言ってもいい」島崎麻里氏が手掛けるとのこと。特にリリースでもトレーラー中でも言及はありませんが、ベヨネッタの声もおそらく田中敦子氏が続投していると思われます。

さて最新トレーラーの舞台は、なぜか荒れ果てた東京の渋谷。天使でも悪魔でもなさそうな謎の生命体が大暴れするなか、颯爽とベヨネッタが登場。いつものように巨大な敵をねじ伏せて踏みつけ、大魔獣を駆使してこれまで以上のスケールで活躍している様が確認できます。

神谷エグゼクティブディレクターご自身が「この4年の間、「『ベヨネッタ3』はどうなってるの?」「本当に開発しているの?」「続報はいつ?」と、皆さんとても心配したことと思います」と述べていますが、本当にその通りという感慨を抱くファンも多いはず。もはや『ベヨネッタ3』は都市伝説じゃないかと疑われることもなくなり、制作チームのスタッフが完成に向けて集中していくことを応援したいところです。

Source:プラチナゲームズ