Belkin magsafe 3-in-1

iPhone 12シリーズと共に発表され、先日発売となったBelkinの「BOOST↑CHARGE PRO MagSafe 3-in-1磁気ワイヤレス充電器」。iPhone 12をMagSafeで充電するとともに、Apple WatchとAirPodsのワイヤレス充電も行えるという製品です。

iPhoneと一緒にApple WatchやAirPodsをまとめて充電できる機器は以前からありましたが、Apple Watchの充電器は標準の充電器を組み込んで利用する、というものが多い印象です。しかし、このMagSafe 3-in-1磁気ワイヤレス充電器はApple Watchの充電器も含めて、これ1台で完結しているのがポイントです。

Belkin MagSafe 3-in-1

ACアダプタは裏面に差し込む形で、すっきりと配線が可能。なお、裏面はゴム素材の滑り止めになっています。

Belkin MagSafe 3-in-1

ただ、ACアダプタは少し大きめなので、差し込む場所を選びそうです。ちなみに、ACケーブルの長さは実測で1.5mほどでした。

Belkin MagSafe 3-in-1
▲ACアダプタはやや大きめ。差し込む場所は選びそうです

台座部分ではAirPodsのワイヤレス充電が可能。台座全体がマットなゴム(?)のコーティングが施されており、滑り止めになっています。

ちなみに、Qi互換のワイヤレス充電なので、AirPods以外でも、Qi対応のスマートフォンや他社ワイヤレスイヤホンも充電来ます。場所が狭いので、スマートフォンの場合は物理的に置ければという条件は付きますが。なお、出力は5Wとなっています。

Belkin MagSafe 3-in-1
▲手前のLEDでは充電状態のステータスも確認できます

iPhone 12用のMagSafe充電台とApple Watch充電台の角度は固定。画面が見やすいようにもう少し寝かせて……といったことは出来ません。

Belkin MagSafe 3-in-1

MagSafe充電台の磁力は、純正のMagSafeと同等のようで、iPhone 12 miniを単体で装着している分には十分な保持力があります。もちろん、横向きでも固定可能です。

Belkin MagSafe 3-in-1
▲MagSafeの出力は最大15W

MagSafe対応のケースであれば装着したままでも問題はないと思いますが、下に支えがなく磁力だけで保持するスタイルだけに、MagSafe非対応なケースだと落下がやや心配ではあります。その意味では、利用するケースを選ぶ充電台とも言えそうです。

iPhone 12シリーズとApple Watch、AirPodsを利用しているのであれば、ケーブル1本でこれらの充電がまかなえるのは、机上をすっきりさせる点でも魅力的。ただ、3台を同時に充電できるとは言え、ただの充電台に1万4690円というのは少々高い気もします。利便性というよりも、見た目のスマートさにどこまで対価を払えるのかを試されそうな製品です。

 

関連リンク: MagSafe 3-in-1磁気ワイヤレス充電器