MW_ac_01

ここ最近、注目を集めているのが動画をSNSに投稿すること。YouTubeに加え、InstagramやTikTokなど、気軽に動画を投稿できるサービスが増えてきました。スマホでの撮影で物足りなくなった人にうってつけなのが、アクションカメラというジャンルの製品です。

アクションカメラ(Amazon)

アクションカメラは、手のひらサイズのコンパクトなビデオカメラで、服に取り付けられるほど小さくて軽いタイプのものも出回っています。どこへでも持ち歩き、撮りたい場面に出会ったらすぐに撮れる、というのが長所といえます。ライフログを撮るもよし、万が一の事故などへの備えとして、ドライブレコーダーよろしく記録を取っておくのもよし、さまざまな活用法が考えられます。

選ぶ際に気をつけたいのは、装着方法(撮影スタイル)や手ブレ補正、防水性能の有無など。例えば、厚みのあるキューブ型であれば、手持ち(自撮り棒含む)のほか、ヘッドバンドやチェストバンドに固定する、さらにヘルメットやバイクまたは自転車のハンドルに取り付けるスタイルで撮影したいと思うことでしょう。スティックタイプと呼べるほど小型のものであれば、服にマグネットで取り付けられるので、より気軽にライフログを撮ることができます。

また、歩きながら、あるいは乗り物などに取り付けて使うことの多いアクションカメラでは、手ブレ補正のついているものが良いでしょう。あとで見返したときに、画面酔いするのを避けられます。

さらに、自転車やオートバイへの装着を考えているのであれば、防水性能があったほうが良いでしょう。ウェアラブルとして使う場合でも、予期しない雨降りや不意にドリンクをこぼしてしまったという事態に対応可能ですし、水辺のレジャーにも安心して使えますよ。


DJI Action 2 Dual-Screen Combo

用途に応じて組み合わせ自由

MW_ac_02

DJI Action 2 Dual-Screen Comboは、厚さ22.3mm、縦横39mm、重量はわずか56gと非常にコンパクトなカメラユニットと自撮りに便利なフロントタッチスクリーンのセット商品。カメラユニット部は、マグネットで、ヘッドバンドやネックストラップに素早く取り付けられ、日常生活をエンターテイメントに変化させます。画角は155°と超広角。その場では見逃していたものへの発見があるかもしれません。

センサーは1/1.7インチCMOSタイプ。16:9の4K画質(3840×2160)では100~120fps、16:9のフルHD(1920×1080)ではなんと240fpsで動画を記録できます。そのため、8倍スローモーションもお手のもの。これまでと違った映像作品を作るのに役立ちます。そのほか、タイムラプス、静止画撮影、カウントダウン機能なども搭載。アクションカメラにしては珍しく、4倍デジタルズームも備えています。

雨の日でも安心の10m防水に対応。防水ケースを使えば、60m水深に耐えられるので、ダイビングにも使えます。電子式映像ブレ補正を搭載しているので、常に水平を保てます。単体でのバッテリー持ちは最大70分。フロントタッチ画面モジュール併用でプラス160分、別売りの電源モジュール併用で、プラス180分動作時間を伸ばすことができます。

Amazonでの販売価格は約6万4000円です。

DJI Action 2 Dual-Screen Combo(Amazon)


GoPro HERO10 Black

アクションカメラ界のヒーロー

MW_ac_03

愛用者が多いのが、GoPro HERO10 Blackです。5.3K動画を60fpsで撮影し、そこから15.8MPの静止画を切り出すことも可能。2.7Kでの8倍スローモーションも撮影できます。

HyperSmooth 4.0を搭載しており、動画がブレないだけでなく、傾いた場合の水平方向維持も既存モデルの27°から45°へと強化されました。水深10mまでの防水性能があるため、水中での撮影も可能。幅71.8mm、高さ50.8mm、レンズ部も含めた最大の厚み33.6mmと手のひらサイズで、どこへでも持っていけます。背面には2.27インチのタッチスクリーンを、前面にも1.4インチのディスプレイを搭載しており、自撮りにも便利です。

30以上ものマウントやアクセサリーに対応しており、GoPro HERO10 Blackがひとつあれば、さまざまな用途へと応用できます。動画編集には、専用のスマホアプリ『GoPro Quick』が便利。ワイヤレス接続でデータ転送しつつ、オリジナル画質で無制限にGoProのクラウドサービスに自動アップロード可能。万が一、端末が壊れてしまった、SDカードメモリを紛失してしまったという場合でも安心です。

Amazonでの販売価格は約6万7000円です。

GoPro HERO10 Black(Amazon)


Insta360 GO 2

ペンダントのようなコンパクトさがいい

MW_ac_04

Insta360 GO 2は、世界最小ともいえるほどコンパクトなアクションカメラ。むしろ、着るカメラと表現しても過言ではないほど小さい親指サイズに手ブレ補正、水平維持、WQHD(2560×1440)の解像度で動画を撮影(最高で50fps)することができます。

WQHDでのタイムラプス動画やタイムシフト動画、フルHD(1920×1080)では120fpsのスローモーション動画を撮影可能。WQHDで静止画の撮影も行えます。また、アスペクト比を16:9、9:16、1:1から選べるため、各SNSに適した動画や写真を撮影できます。

ペンダントタイプの磁気ストラップを使ってライフログに、キャップなどにはクリップで装着、バッテリー兼リモコン兼三脚になるケースを使えば、本体だけでは60分しか撮影できないところ、150分に伸ばすことができます。4m防水で、多少の雨でも問題なし。専用の「Insta360」アプリを使えばWi-Fi経由でリアルタイムプレビューや設定変更、撮影データ転送も行えます。

Amazonでの販売価格は約3万6000円です。

Insta360 GO 2(Amazon)


Apexcam X60 Pro

とりあえずアクションカメラを試してみたい人へ

MW_ac_05

Apexcam X60 Proは、170°の超広角で録画可能なアクションカメラです。画質は4K/60fps。高精細でそれなりになめらかな映像を撮影できます。

付属するIP68性能の防水ケースに入れれば、40mまでの水深に対応。ただし、防水ケースの密封性が高いため、ほぼ音声を録れない点には注意が必要です。バッテリーは取り外し式で、切れてしまったら同梱の予備バッテリーに取り替えることで、撮影を継続できます。背面のディスプレイはタッチ非対応ですが、付属のリモコン、もしくは専用アプリをインストールしたスマホからコントロール可能。ヘルメットに装着したときなど、カメラ本体での操作が難しい場面で便利だと感じるでしょう。

6軸ジャイロスコープ付きの電子式手ブレ補正機能があり、手持ちでの撮影やバイク、自転車のハンドルに取り付けての撮影時でもブレの少ない動画を撮れます。通常動画のほか、タイムラプス、スローモーション、ドライブレコーダーとして便利なループ録画や車載モードなどあり。GoProシリーズのアクセサリーを使えるので、さまざまな場面で活用できそうです。

Amazonでの販売価格は約1万2000円です。

Apexcam X60 Pro(Amazon)


Transcend DrivePro20

まさかのドラレコ!?

MW_ac_06

本来の位置付けは二輪車用ドライブレコーダーというTranscend DrivePro20。しかし、バッテリーを内蔵しているうえ、Gセンサーをオフにできるため、非常にコンパクトなアクションカメラとしても利用可能です。

直径30mm×90.2mmの円筒形。画角は140°、解像度はフルHD(1920×1080)で、30fpsと60fpsを切り替えられます。また、夜間でも明るく撮影できるソニーのSTARVIS高感度イメージセンサーを採用しているので、夜道のひとり歩きなど身の危険を感じる場面で録画を回しておく、といった使い方もできるでしょう。

二輪車用とあって、防水防塵性能はIP68と最高水準。ホコリの侵入も長時間の水没も心配不要です。内蔵バッテリーによる連続駆動時間は最大2時間半。付属のMicroUSB to USB Type-AケーブルでPCやモバイルバッテリー、チャージャーと接続して充電します。Wi-Fiを搭載しており、スマホ専用アプリ「DrivePro App」と連携させることで、録画中の画像確認やライブ配信が可能。さらに録画データのスマホへの転送もできるため、いちいちSDカードを取り出さずに済みます。

Amazonでの販売価格は約2万1000円です。

Transcend DrivePro20(Amazon)


記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。販売情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。

アクションカメラ(Amazon)