211013weight_scale

長引くコロナ禍で続いたステイホーム生活のため、運動不足による体重増加が気になり、ダイエットを始めたり、決意した人も少なくはないでしょう。体重管理に有効なのが体組成計。体重を測るだけでなく、体脂肪率や骨量、基礎代謝などの要素を知ることで、健康的に痩せる手立てとなります。

体重・体脂肪・体組成計(Amazon)

そして、日々の変化を把握するためには、ただ測るだけではなく“記録”するのが効果的。スマホと連動できる体組成計を利用すれば、測定したデータをBluetoothでスマホに送信し、手軽に記録できます。スマホのアプリ上で、グラフ表示などにより変化を視覚的に確認することで、モチベーションのアップにもつながります。

そこで今回は、Bluetooth接続でスマホと連動し、気軽にデータ管理までを行なえる体組成計のおすすめ製品をご紹介します。


オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-228T

6歳から測定できる“子どもアルゴリズム”機能を搭載

211013weight_scale

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-228Tは、幅約28.5×奥行約28×厚さ約2.8センチの薄型スリムな本体で、狭いスペースにも収納が可能。本体重量は1.6キログラムです。

体重(100グラム単位)、体脂肪率、骨格筋率、BMI、基礎代謝、体年齢、内臓脂肪レベルの計測が可能。“子どもアルゴリズム”機能を搭載し、6歳から体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝の測定が可能で、子どもの成長記録や肥満予防にも役立ちます。

また、乗るだけで電源がオンになる“ステップオン”機能を搭載。ユーザーを自動認識する機能を搭載し、家族で使用する場合にもボタンで切り替える必要がなく、乗るだけですばやく簡単に測定を開始できます。

Bluetooth通信で測定データをスマホアプリ「OMRON connect」に自動転送。グラフや数値でデータの管理とチェックが気軽に行なえます。本体の表示部は文字が大きく、測定結果が見やすい点も特長です。Amazonでの販売価格は約9000円です。

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-228T(Amazon)


Xiaomi Mi スマート体組成計 2

体重以外に野菜や小包なども測定できるモードを搭載

211013weight_scale

Xiaomi Mi スマート体組成計 2は、“G型マンガン鋼センサー”により100グラム単位で体重測定が可能。高精度な“BIA脂肪測定チップ"”により、体脂肪率やBMI、筋肉量、水分量、タンパク質率、内臓脂肪レベル、基礎代謝、骨量など13項目の体組成を測定できます。

両眼を閉じて、片足で立つことでバランス能力を測定する機能も搭載。体重測定以外にも、果物や野菜、小包など100グラム~150キログラムまでの重量を測定する“スタティック・モード”に切り替えられるのもユニークです。

データ記録は最大16人まで可能。Bluetooth Low Energy 5.0により、単4形電池4本で最大12ヶ月間の使用が可能で、スマホアプリ「Mi Fit」にデータを送信できます。本体サイズは、幅約30×奥行約30×厚さ約2.5センチの薄型設計。本体重量は1.7キログラム。Amazonでの販売価格は約4000円です。

Xiaomi Mi スマート体組成計 2(Amazon)


オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-255T

50グラム単位で体重測定し、わずかな差も把握できる

211013weight_scale

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-255Tは、透明電極とガラス天板を採用し、ボタンや表示画面の凹凸のないフラットで洗練されたデザイン。本体サイズは幅約32.7×奥行約24.9×高さ約3センチ。本体重量は1.7キログラムです。

体重(50グラム単位)、体脂肪率、骨格筋率、BMI、基礎代謝、体年齢、内臓脂肪レベルの計測が可能。6歳から体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝の測定が可能な“子どもアルゴリズム”機能も搭載します。

測定は乗るだけ、約4秒で完了。50グラム単位で体重が測定できるため、わずかな差も把握できます。また、前回の測定値と同時に測定結果が表示されるため、変化がすぐにわかるのも便利。Bluetooth通信機能を搭載し、データはスマホアプリ「OMRON connect」に簡単に転送可能。手軽に確認と管理ができます。

Amazonでの販売価格は約1万2000円です。

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-255T(Amazon)


タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-912

筋肉の“量”だけでなく“質”まで測定可能!

211013weight_scale

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-912は、医療分野や研究施設で使われるプロフェッショナル体組成計の技術を取り入れ、2つの周波数で体組成をより正確に測定。筋肉を筋繊維の状態まで分析し、点数化する“筋質点数”の測定機能を搭載します。筋肉の量だけでなく、質まで測定することで身体の状態をより詳細に把握できます。

体重(100グラム単位)、体脂肪率、BMI、推定骨量(100グラム単位)、筋肉量(100グラム単位)、筋質点数、内臓脂肪レベルの計測と本体表示が可能。測定データはスマホアプリ「Health Planet」に転送し、グラフ表示などで把握、管理できます。

本体サイズは、幅約32.8×奥行約29.8×高さ約3.1センチ、本体重量は2.1キログラム。Amazonでの販売価格は約1万7000円です。

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-912(Amazon)

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。掲載情報は記事執筆時点(2021年10月13日)のもので、販売価格や在庫状況は常に変化しています。

体重・体脂肪・体組成計(Amazon)