mw_mp_01

お家時間を楽しめるよう、いろいろな工夫をされているかと思います。エンタメ方面で最近人気なのが、プロジェクターを導入して、リビングに“なんちゃってホームシアター”を作ること。テレビよりも大きな画面で映像を楽しめるので、映画館に行けなくても、気が紛れます。モバイルタイプのプロジェクターなら、アウトドアでも映像コンテンツを大画面で楽しめるでしょう。

モバイルプロジェクター(Amazon)

モバイルプロジェクターを選ぶ際に気をつけたいのは、スマホなどモバイル端末の映像も入力しやすいか、セットアップが簡単で気軽に使えるか、解像度は高いか、といったポイントです。

特に、セットアップについては、自動台形補正機能の有無、単体でもさまざまなコンテンツを楽しめるAndroid OS(またはAndroid TV)の搭載、オートフォーカス、スピーカーの有無などをチェックしましょう。使い始めるまでの設定や接続などの手数が多く面倒だと、次第に使わなくなってしまうからです。

明るさは、最低でも200 ANSIルーメンがほしいところ。解像度も、あまりに粗いとコンテンツによっては細部を見づらくなってしまうので、せめてHD画質(1280×720)はほしいところです。

購入しやすい価格になってきたとはいえ、上記条件を満たす製品になると5万円以上の出費になりますから、慎重に選ぶようにしましょう。

XGIMI MoGo Pro+

リモコンを使って音声で動画を再生することも

210709mobileprojector

XGIMI MoGo Pro+は片手で持てるほどのコンパクトサイズでありながら、垂直水平自動台形補正、フルHD画質(1920×1080)、300 ANSIルーメンでの投影を可能にしたモバイルプロジェクターです。Android TV 9.0を搭載しており、インターネットに接続すれば、YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、dTV、DAZNなどさまざまな動画サービスを利用できます。

リモコンのGoogleアシストボタンを押して、音声で動画を再生することも可能。もちろんWindows PC、Mac、AndroidやiOS端末からの入力にも対応しており、入力はHDMI、USB 2.0、Wi-Fiなど。出力はヘッドフォン端子またはBluetoothで、本体のスピーカーでは物足りないときに便利でしょう。

2〜4時間の動画再生ができるバッテリーを内蔵。電源の確保できない場所でも使えます。サイズは高さ105.5×奥行き94.5×幅146mm、重さは900g。Amazonでの販売価格は約8万円です。

XGIMI MoGo Pro+(Amazon)

Anker Nebula Mars II Pro

Android 7.1を搭載し、最大150インチまで投影可能

mw_mp_03

Anker Nebula Mars II Proは、最大150インチまで投影できるモバイルプロジェクターです。Android 7.1を搭載しており、インターネット環境さえあれば、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflixなどのコンテンツを楽しめます。明るさは500 ANSIルーメンで、映像を鮮明化。10W出力の2つのスピーカーで、迫力のある音を鳴らせるため、映画館にいるような気分を味わえるでしょう。

台形自動補正、オートフォーカスで設定に手間いらず。専用アプリで、手元のスマホをリモコンとして使うこともできます。PCやスマホとの接続はHDMI、USBケーブルで。Bluetoothを通じて、外部スピーカーに音声を出力することもできます。

サイズは高さ約140×奥行き約180×幅約120mm、重さは約1500gです。Amazonでの販売価格は約7万円です。

Anker Nebula Mars II Pro(Amazon)

BenQ モバイル LEDプロジェクター| GS2

モバイル端末からワイヤレス投影も可能

mw_mp_04

BenQ モバイル LEDプロジェクター| GS2があれば、アウトドアライフをもっと楽しめます。50cmの高さからの落下でも故障を防げますし、生活防滴(IPX2)仕様で多少の雨も気にせずに済むからです。また、アイプロテクションセンサーとペアレンタルタイマー搭載で、子どもの目を守ります。

入力はUSB Type-C。モバイル端末からならワイヤレス投影も可能です。さらに、Android 6.0を搭載していますし、約3時間連続再生可能なバッテリーを内蔵しているので、ネットに接続されていれば、さまざまな動画コンテンツを単体で楽しめます。

台形補正は垂直方向のみ。オートフォーカス機能も搭載しています。明るさは500ANSIルーメンで解像度はHD画質(1280×720)、最大投影サイズは100インチです。サイズは高さ144×奥行き139×幅139mm、重さは1600g。Amazonでの販売価格は約5万5000円です。

BenQ モバイル LEDプロジェクター| GS2(Amazon)

サンワダイレクト モバイルプロジェクター 400-PRJ024

ビジネスシーンでも気軽に使えるポケットサイズ

mw_mp_05

サンワダイレクト モバイルプロジェクター 400-PRJ024は、USB Type-CまたはHDMI入力端子を備えたモバイルプロジェクターです。サイズが高さ28×奥行き106×幅169mmとポケットサイズなので、レジャーだけでなく、ビジネスシーンでも役立ちます。

明るさは400 ANSIルーメン、解像度はHD画質(1280×720)、最大投影サイズは120インチ。台形補正やフォーカスを自動的に修正してくれるため、セットアップが簡単です。本体に内蔵した6500mAhのバッテリーで最長2時間の連続投影が可能。フル充電には約3時間かかりますが、電源と接続しながら使うこともできます。

ゴム足付きなので滑りづらく、三脚ネジ穴が付いているので投影場所に合わせて高さを変えられるのが便利。Amazonでの販売価格は約6万6000円です。

サンワダイレクト モバイルプロジェクター 400-PRJ024(Amazon)

Anker Nebula Capsule II

片手で軽々持てるサイズ感ながら実力は十分

210709mobileprojector

もっと気軽にプロジェクターを持ち出したいなら、Anker Nebula Capsule IIがおすすめです。

高さ約150×直径約80mm、重さ約740gと片手で軽々持てるサイズ感ながら、200 ANSIルーメンの明るさ、HD画質(1280×720)の解像度、最大100インチの画面投影、Android TV 9.0搭載でネット接続のみで楽しめるコンテンツ、約3時間連続投影可能(ローカルコンテンツ再生時)なバッテリーを搭載しているからです。

内蔵スピーカーの出力は8Wと、まずまず。HDMI、USB Type-A(USBフラッシュメモリー用)での入力が可能。Wi-Fi(iOSはAirScreen、Androidはキャストまたはスクリーンミラーリング)やBluetooth、Chromecast接続にも対応しています。Amazonでの販売価格は約6万円です。

Anker Nebula Capsule II(Amazon)

モバイルプロジェクター(Amazon)

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。販売情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。