220114monitor_arm

2022年になっても、リモートワークを引き続き行なっているという人は多いことでしょう。自宅では、周りに家族がいる、生活音がひっきりなしに聞こえてくる、ということのほかに、作業環境が整っていないため仕事がしづらいと感じるかもしれません。もし、自分専用のデスクがあるのなら、サブモニター(外付けのディスプレー)を導入すると、一気に仕事効率がアップします。

とはいえ、製品に標準付属するモニタースタンドでは、高さや角度の調整をしづらいという問題があります。ここは思い切って、モニターアームも導入してみてはどうでしょうか。

モニターアーム(Amazon) モニターアーム(楽天市場)

モニターアームとは、モニター(ディスプレー)を取り付けられる、複数の関節ともいえる可動部をもったアームのこと。脚に対してアーム(腕)というのが面白いところですが、下から支えるのではなく、上側から支えるような仕組みのため、デスクの上を広く使えるというメリットがあります。ほとんどが、大きくて重たい台座ではなく、クランプ式となっており、わずかな設置スペースで、がっちりとモニターを固定できます。

また、関節を複数持つため、モニターを見やすい場所に移動させやすく、肩こりや首、目の疲れなどを軽減させるという効果も。サブモニターを買うのであれば、ぜひとも一緒に導入したいアイテムですね。

製品を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。ひとつは、購入しようとするサブモニター背面にネジ穴があるかどうか、またあるとしたらどのような規格になっているかを確認し、それに対応するものを選ぶことです。ほとんどのサブモニターには「VESA規格」に対応したネジ穴があることでしょう。ただ、同じVESA規格でも、100mm間隔の穴であれば「VESA100」、75mm間隔であれば「VESA75」があるので、そこもしっかり確認しておきましょう。

もうひとつは、購入しようとしているサブモニターの大きさや重さに対応しているかどうか。そして、可動部の自由度の高さです。自分の好きな位置にピタッと止められないと、せっかくモニターアームを導入しても、無理な体勢を強いられてしまいます。また、モニターの重さにアームが耐えられなければ、ピタッと止めたつもりでも、時間とともに下がってきてしまい、地味にストレスとなるでしょう。


エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム

安心の定番メーカー、エルゴトロン製

220114monitor_arm

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアームは、モニターアームメーカーの中でも定評のあるエルゴトロンのモニターアームです。

100mmと75mmのVESA規格に対応。設置方法はクランプ式、またはデスクに穴を空けて強力に固定できるグロメット式で場所を取りません。対応重量は3.2~11.3kgで、34インチまでのモニターを取り付けられます。水平方向に360°回転する関節や、上下33cmの間で動かせる関節、モニターを360°回転させられ、かつ前後に傾けられるマウント部など、可動部が多く、自分の好きな位置に、しかも軽い力でモニターをピタッと止めることができます。

オプションの追加用LXアームを使えば、モニター数が増えても対応可能。アクセサリーの豊富さも魅力です。Amazonでの販売価格は約1万5000円です。

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム(Amazon) エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム(楽天市場)


Eono(イオーノ) モニターアーム

Amazonブランドのお手頃モニターアーム

220114monitor_arm

低価格のものを探しているのであれば、AmazonブランドであるEono(イオーノ)のモニターアームがぴったりでしょう。安いとはいえ、100mmと75mmのVESA規格に対応。電源ケーブルやアンテナケーブルに干渉する場合を考え、モニター背面とVESAプレートの間を広げるスペーサーも付属しています。設置方法はクランプ式。17~32インチ、8kg以下のモニターに対応しています。

縦方向に位置を変更する場合は支柱に取り付けてあるアームのネジを緩める必要がありますが、一度位置を決めてしまえば、そうそう変えることはないでしょう。ガス圧式で上下左右に動かせるほか、モニターの回転や角度調節にも対応。かなりガッチリした見た目であること、またアームの高さを低い位置に調整したときに支柱の上部が目立ってしまう、ということが気にならなければ、ベストバイといえるかもしれません。

Amazonでの販売価格は約4200円です。

Eono(イオーノ) モニターアーム(Amazon)


サンワダイレクト 液晶モニターアーム 100-LA029

レバー式で高さ調整がラク

220114monitor_arm

サンワダイレクト 液晶モニターアーム 100-LA029は、Amazonでの販売価格が約4000円と、さらに低価格でシンプルなモニターアームです。

関節の数は3カ所。それぞれ180°回転するうえ、水平、垂直方向、およびモニターを支えるプレート部が動かせるため、好みの位置に固定できます。高さは支柱に取り付けたアームを動かすことで変えますが、レバー式のため面倒がありません。

もちろん、100mmと75mmのVESA規格に対応、最大10kgのモニターを取り付けられます。アームにはケーブルフックがあるため、デスクの上がごちゃつかないのもポイント。設置はクランプ式。20~100mmの厚みに対応しています。

サンワダイレクト 液晶モニターアーム 100-LA029(Amazon) サンワダイレクト 液晶モニターアーム 100-LA029(楽天市場)


エレコム モニターアーム DPA-SS02BK

ケーブルをごちゃつかせない

220114monitor_arm

エレコム モニターアーム DPA-SS02BKは、軽い力で調整可能なガススプリング式モニターアームです。設置方法はクランプ式またはデスクに穴を空けて強力に固定できるグロメット式。100mmと75mmのVESA規格に対応しており、モニターサイズは17~32インチ、耐荷重は最大9kgとなっています。

水平方向に180°、垂直方向に180°、モニターの回転も可能です。アームが360°回転するので、デスクのどの位置に座っていても、自分の見やすい位置にモニターを移動させられます。モニター背面から伸びるケーブルは、アームに内蔵されたケーブルホルダーへ。見た目がスッキリし、洗練された仕事環境を作れます。工具がパッケージに含まれるので、モニターアーム設置のためだけにツールを買うという手間も省けます。

Amazonでの販売価格は約4300円です。

エレコム モニターアーム DPA-SS02BK(Amazon) エレコム モニターアーム DPA-SS02BK(楽天市場)


エルゴトロン LX ウォールマウントアーム

壁掛け式でデスク周りをすっきりと

220114monitor_arm

エルゴトロン LX ウォールマウントアームは、デスクではなく壁に固定するタイプのモニターアームです。

壁のマウントとアームの接続部に1カ所、アームには2カ所、モニターマウント部に関節があり、モニターをほぼ壁にぴったりの位置から64cmのところまで伸ばすことが可能。昇降範囲は約33cm、モニター面を上方向には70°、下方向に5°に動かせます。もちろん、モニターを縦横に回転させることもできます。

VESA規格には100mmと75mmに対応。3.2~11.3kg、34インチまでのモニターを取り付けられます。昇降機能では1万回ものサイクルテストを実施。10年保証なのも安心の要素となっています。

Amazonでの販売価格は約1万6000円と少々お高めですが、デスクの上をスッキリさせたい人に向いています。

エルゴトロン LX ウォールマウントアーム(Amazon) エルゴトロン LX ウォールマウントアーム(楽天市場)


記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。販売情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。