211118NAS

NAS(ナスと読みます)という言葉を聞いたことがある方、また、すでに使っているよという方は多いと思います。

NASとは「Network Attached Storage」の略で、ネットワーク経由でアクセスできるストレージ(通常はHDD)のことです。NASにはネットワーク経由でアクセスできるので、自宅のネットワークに繋がっているすべての端末(PCやスマホなど)から利用できることが利点です。たとえば、家族それぞれが撮影した写真をまとめてNASに入れておけば、誰でも必要な時にその写真を自分の端末で表示することができます。PCやスマホを複数台所有している人も、NASがあれば、同じデータが複数の端末に保存されているといった無駄をなくせます。

さらに、外出先からインターネット経由で自宅のNASにアクセスすることもできますので、後で必要になりそうなデータはとりあえずNASに入れておけば、外出先で「あっ! こっちのPCにデータ入れるの忘れた!」というトラブルもなくせます。

NAS(Amazon)

NASを選ぶ際のポイントは、HDD容量、RAID機能、付加機能の3つです。

HDD容量はよく「冷蔵庫と同じ」などと言われます。その意味は、「大きいと思っていても、あればあるだけ中身を入れちゃう」ということです。NASに保存したいデータのファイルサイズを合計して、その2倍以上の容量の製品を選ぶことをおすすめします。

RAID機能とは、複数のHDDを使ってデータを分散して書き込むことで、万一、1台のHDDが壊れても、問題なくデータを読み出せる機能です。RAIDには「0」「1」「5」といったさまざまなレベルがありますが、RAID 0だけはHDD障害への対策ではなく、性能向上のための機能になります。家族写真など消えては困る大事なデータを保存するなら、RAID 1やRAID 5に対応した製品がおすすめです。

付加機能としては、音楽や動画などのメディアプレーヤーとして使えるものや、必要に応じてさまざまなアプリを追加できるものなどがあります。

なお、自分でHDDを取り付けて使うNASキットと呼ばれる製品もあります。余っている手持ちのHDDを使いたいとか、搭載HDDにもこだわりたい人におすすめですが、やや慣れた人向けの製品といえるでしょう。

今回は、買ってきてすぐに使えるNASのおすすめ5製品を紹介します。


BUFFALO LS210D0401G

高機能で使いやすいエントリーモデル

211118NAS

BUFFALO LS210D0401Gは、1ベイタイプのNASで、容量は4TBです。容量1TBから6TBまでのモデルが用意されていますので、予算や保存したいファイルのサイズに応じて選ぶことができます。スマホ用アプリを使えば、スマホからも簡単にセットアップ可能です。

DLNA対応メディアサーバー機能を搭載し、DTCP-IPにも対応していますので、ネットワーク対応テレビで本製品に保存されている動画を再生したり、DTCP-IP対応レコーダーから録画したデータを本製品にダビングやムーブしたりも可能。また逆に、本製品にダビングされたテレビ番組を、DTCP-IP対応レコーダーへムーブしてDVDやブルーレイに保存することもできます。

任意の時間だけ稼働させられるタイマーオン/オフ機能も便利。HDDの増設はできませんが、USB経由でHDDを接続し、容量を増やすことはできます。Amazonでの販売価格は約1万8000円で、コストパフォーマンスも魅力です。

BUFFALO LS210D0401G(Amazon)


アイ・オー・データ HDL2-TA8/E

RAID 1対応で大事なデータも安心

211118NAS

アイ・オー・データ HDL2-TA8/Eは、2ベイタイプのNASで、容量は8TB(4TB HDD×2)です。他にも2TB/4TB/6TBの各モデルが用意されています。

最初から2台のHDDが搭載されていますので、RAID 1(ミラーリング)での運用が可能です。ただし、RAID 1で利用すると、容量は半分の4TBになります。RAID 0で運用すれば、8TB丸々利用できますので、データの重要度に応じて使い分けるのがいいでしょう。設定はPCからでもスマホからでも、専用アプリを使って簡単に行なえます。

DLNA対応のメディアサーバー機能も備えていますので、ネットワーク対応テレビの大画面で本製品に保存した写真や動画などを楽しむこともできます。また、USBポートにUSB HDDを接続することで、バックアップを取ることも可能です。

Amazonでの販売価格は約3万1000円です。

アイ・オー・データ HDL2-TA8/E(Amazon)


BUFFALO LS720D0802/N

ヘキサコア搭載で2.5GbE対応の高性能モデル

211118NAS

BUFFALO LS70D0802/Nは、2ベイタイプのNASで、容量は8TB(4TB×2)です。容量2TBから16TBまでのモデルが用意されています。

RAID 1とRAID 0をサポートし、ヘキサコアCPU搭載と2.5GbE対応で高い性能を誇ります。ネットワークが2.5GbE対応なら、1GbE対応製品の2.7倍ものリード速度を実現します。また、前面にUSBポートを備えており、PCを使わずにデジカメやUSBメモリーから直接データをコピーできるのも便利です。

DLNA対応メディアサーバー機能を搭載しているので、ネットワーク対応テレビで本製品に保存されている動画を再生することもできます。また、DTCP-IPにも対応していますので、DTCP-IP対応レコーダーから本製品に録画したデータのダビングやムーブを行なうこともできます。NASにもパフォーマンスを求める人におすすめです。

Amazonでの販売価格は約4万6000円です。

BUFFALO LS720D0802/N(Amazon)


アイ・オー・データ HDL2-AAX4/E

デュアルコアCPU搭載の高性能NAS

211118NAS

アイ・オー・データ HDL2-AAX4/Eは、2ベイタイプのNASで、容量は4TB(2TB HDD×2)です。他にも2TBから16TBまでの各モデルが用意されています。

最初から2台のHDDが搭載されていますので、RAID 1(ミラーリング)での運用が可能です。ただし、RAID 1で利用すると、容量は半分の2TBになります。2.5GbEに対応していますので、ネットワークが2.5GbEに対応していれば、旧モデル比約2倍の読み込み速度を実現できます。

DLNA対応のメディアサーバー機能も搭載。ネットワーク対応テレビの大画面で本製品に保存した写真や動画などを楽しむこともできます。また、有償アップデートによりDTCP-IPに対応し、DTCP-IP対応レコーダーで録画した番組のダビングやムーブができるようになります。性能にこだわる人におすすめの製品です。

Amazonでの販売価格は約2万8000円です。

アイ・オー・データ HDL2-AAX4/E(Amazon)


BUFFALO TS3420DN0804

4ベイ搭載でデータを徹底的に保護するNAS

211118NAS

BUFFALO TS3420DN0804は、4ベイタイプのNASで、容量は8TB(2TB×4)です。他にも容量2TBから16TBまでのモデルが用意されています。4台のHDDを搭載し、RAID 0/1/10/5/6をサポート。出荷時はRAID 6の設定になっており、4GBのデータを記録できます。

クアッドコアCPUとパリティ計算用のハードウェアエンジン「RAIDアクセラレーター」を搭載しており、高いRAIDパフォーマンスを実現しています。ネットワークも2.5GbE対応となっています。また、HDDとしてNAS専用HDDを搭載しており、高い信頼性を誇ります。

本来は法人向けの製品ですが、絶対に失いたくない大事なデータがあるという人にもおすすめです。Amazonでの販売価格は約12万円です。

BUFFALO TS3420DN0804(Amazon)


記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。販売情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。

NAS(Amazon)