ポケモンGO、レイドパスの仕様変更。ロビー参加でなくバトル開始で消費へ

プレミアム・ リモートも共通

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年07月15日, 午後 06:03 in Pokemon Go
0シェア
FacebookTwitter
Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGOがレイドパスの仕様を変更しました。

従来は開始待ちのロビーに入る時点で消費していたのに対して、今後は実際にバトルが始まった時点での消費に変わります。

仕様変更は通常のレイドパス、プレミアムレイドパス、リモートレイドパスすべてに共通。

ポケモンGOのレイドバトルは従来、パスを消費する前に、ロビーで何人が開始待ちをしているかを確認することはできました。

しかし同じように様子を見ているプレーヤーの人数は分からないため、もし同時に参加していれば勝てる人数のプレーヤーが居たとしても、実際に表示されるロビーの人数はゼロまたは少なすぎて見送り結局集まらない場合がありました。

また自分が呼び水になろうとパスを消費してロビーに入っても、この理由でなかなか人が集まらない場合、結局は諦めたり時間切れになる戦力で戦う羽目になることもあります。

特にプレーヤー人口が多い都市部や人気のレイドボスならばあまり困りませんが、プレーヤーが少ない地域や時間帯の場合には、貴重な消費アイテムを賭けで消費するか、確実に勝てる条件まで見送るか悩む問題がありました。

今回の仕様変更でバトル開始時に消費になれば、気軽にロビーまでは入って、同じように狙っているプレーヤーが集まって戦いやすくなります。人口の少ない地域や、リモートレイドパスでどこに入るか悩むような場合には特にありがたい改善です。

一方、気軽にロビーにはいれるようになったことで、プレーヤー数が揃わない場合にカウントダウン直前で離脱することも増えそうですが、こちらは従来の仕様でも同じ。

一度レイドパスを使えば、開始前に離脱してまた別のパーティーに参加してもパスは減らないため、集まり具合で見送ってまた待つ行動は従来からよくありました。

ポケモンGO リモートレイド解禁、専用パスは初回3枚1コイン。フレンド招待は今後

ポケモンGO、リモートレイドのフレンド招待機能を延期。提供時期は後日発表

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Pokemon Go, pokemon, Niantic, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter