iOSデバイスで膨大なギター機材が持ち歩ける「Bias FX 2 MOBILE」発売

レスポールがジャズマスターの音に変わる!?

Hirokazu Kusakabe
Hirokazu Kusakabe
2020年05月23日, 午前 08:00 in positive grid
0シェア
FacebookTwitter
Bias FX 2 MOBILE
Positive Grid

今やスマートフォンやタブレットの処理性能がますますPCに迫っていますが、そんな高性能をゲーム以外の何に使うんだという声が(主にEngadgetの読者以外の人々から)聞こえてくることもあります。しかし、実はゲーマーと同様に、ギタリストもそんな技術進歩を歓迎している人種の1つ。これまで憧れていた高価で貴重なアンプやエフェクターの数々を、軽量コンパクトなタブレットに入れて簡単に持ち歩ける時代になったからです。

Positive Grid社が5月21日に発売した「BIAS FX 2 Mobile」は、そんな"バーチャル・ギターリグ"の最新版。iOSデバイスの小さなディスプレイ上で、多数の"名機"と呼ばれるアンプやペダル、ラックなどの機材を組み合わせ、ロックの名盤で聴けるあのギターの音を再現できます。

Bias FX 2 MOBILE

画面を見ればギタリストならピンとくるでしょうが、楽器屋やライブ会場でよく見かけるアンプやペダルをはじめ、写真でしか見たことのないようなビンテージ機も多数収録。これらを自由に選び、つなぎ替え、つまみを調整できるだけでなく、スピーカーボックスの前に立てるマイクの種類や位置までシミュレートできます。

Bias FX 2 MOBILE

中には実機を手に入れようと思ったら数十万円から百万円以上の出費が必要な機材もありますが、BIAS FX 2 Mobileは"全部入り"の「ELITE」でも99.99ドル(約1万700円)。さらに今なら早期キャンペーンで69.99ドル(約7500円)で購入できます。

使える機材や機能の数が制限された安価なバージョンもいくつか設定されていますが、数千円の差ならやはり全部入りがお薦め。ちょっと試したいという人は、無料版でも2種類のアンプや6種類のペダルが使えるので、iOSデバイス(iOS11以降)とそれにギターをつなぐインターフェイスをお持ちの方は、とりあえずダウンロードしてみましょう。

Bias FX 2 MOBILE

さらに追加料金を払えば、各種拡張パックでアンプやエフェクターを増やすことも可能です。拡張パックにはスタジオ用のラック機材を集めた「HD Studio Processor パック」や、1960年代に使われていたエフェクターが揃う「Classic From 60’s パック」、ベーシスト用の「Bass パック」などが用意されています。

Bias FX 2 MOBILE

と、ここまでは以前から販売されている他のアプリやデバイスでも、多少の差こそあれ大体似たようなことができます。しかしBIAS FX 2が面白いのは、ギター本体の音に関しても"名器"のトーンをシミュレートできる点。例えばレスポールしか持っていない人でも、グレッチやジャズマスターの特徴的な音に変える(似せる)ことができるのです。

普通のストラトキャスターを、ジョン・メイヤーやイングヴェイ・マルムスティーンのシグネチャー・モデルの音にする(近づける)ことも可能です。ただし、この「Guitar Match」という機能は、フルバージョンのELITEでしか使えません。先ほど全部入りをお薦めした理由が分かっていただけると思います。

Bias FX 2 MOBILE

BIAS FX 2は先にMacおよびPC用のアプリがリリースされていましたが、今回登場したMobile版は手軽にスタジオやライブハウスに持って行けるのがメリット。あらかじめ作成しておいた設定をワンタッチで切り替えられる「LiveView」機能も追加されています。近日中にMIDIにも対応する予定とのことなので、MIDIフットスイッチを用意すれば演奏中に足元で音色を切り替えられるはずです。

ネット上にはマーティ・フリードマンなど有名ミュージシャンやプロデューサーが作成した設定が2万種類以上も公開されており、それらをダウンロードして利用することもできます。

上の動画では、YouTuberギタリストのDanilo Vicari氏が、BIAS FX 2 Mobileを使ってモトリー・クルーのミック・マーズやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、オジー・オズボーンの故ランディ・ローズなどの音を再現して見せています。

しかし、既に多くの方がお気づきのように、あと「再現」に必要なのは演奏技術。"Tone is in the fingers"(音は指に宿る)なんて言葉もあるくらいですが、現時点でそこまでシミュレートしてくれるデバイスはまだないようです。ギター愛好家の皆さん、共に練習に励みましょう。

Positive Grid: BIAS FX 2 Mobile

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: positive grid, bias fx 2 mobile, bias fx 2, ios, apps, music, music production, guitar, amp simulator, news, gear
0シェア
FacebookTwitter