Apple
SOPA Images via Getty Images

iOS/iPadOS 15やmacOS Montereyといった次期OSのパブリックベータも配信開始され、WWDC21で発表された新機能の数々を試されている方も多いはず。その一方でMac用の仮想化アプリParallelsもWindows 11対応に「可能な限りの努力」を払うと約束しており、今年は秋から年末にかけてアップル製品の使用環境も一変するのかもしれません。

大型iPadが開発中?から次期AirPods Proは革新的な健康機能を追加?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。

次期MacBook ProとiPad mini、2021年内に発売されるウワサ

MacBook Pro

アップルの内部情報に詳しいMark Gurman記者は、「より大きなiPadが開発中、自動車チーム(アップルが開発中と噂される自動運転車・アップルカー(仮))」と題したニュースレターを発表。そのなかで次期MacBook ProとiPad miniに言及しています。

ちなみに「より大きなiPad」とは、アップルのエンジニアやデザイナーが早ければ2~3年後に発売される可能性ある大型iPadを検討しているとの予想です。2022年に現行サイズのiPad Proを再設計することに注力しているため来年の可能性は低いとしつつも、大画面でMacのアプリを動かしたり柔軟に配置できるマルチタスクの実現を目指しているとのことです。

さてGurman氏は「(秋の新型iPhoneやApple Watch発表を控えて)今後数週間は製品ニュースが少なくなる」と前置きしながら「夏の終わり」にはiPadとMacも忘れてはいけないと述べています。さらに「MacBook ProとiPad miniも今年後半には刷新されると付け加えています。

次期MacBook Proに関しては画面サイズは14インチおよび16インチ、M1チップより高速なM1X(仮)プロセッサ搭載、磁石で接続するMagSafe充電コネクタやHDMI端子、SDカードスロットといった過去モデルの要素が復活するとの噂が何度も報じられてきました。それは犯罪者グループが流出させた資料により信ぴょう性が増した感もあります。

そして次期iPad miniについては、筐体サイズは第5世代と同じながらホームボタンが廃止されてTouch IDが側面電源ボタンに統合され、ディスプレイは大型化し、従来のLightningポートがUSB-Cに置き換えられるといった噂が伝えられてきました

このうち「次期MacBook Proが年内に発売」説は、数日後の台湾メディア経済日報による報道が続いたことで補強されています。

さらにサプライチェーン情報筋からは「9月頃に発表」説まで飛び出していますが、改善が見られない半導体不足によりスケジュールの見直しを余儀なくされないよう祈りたいところです。

Apple Watch Series 7(仮)はバッテリー増量で新色追加のウワサ

Apple Watch Series 7

Apple Watch Series 7(仮)のプロセッサ「S7」が両面SIP(基板の両面に部品を実装する)技術により小型化し、それにより空いたスペースに何かを追加するとの予想は以前も伝えられていたことです。その使い道がバッテリーの増量という、台湾メディア経済日報の報道です。

これは裏返せば、健康関連の新センサーを追加しない可能性が高まった、ということです。アップル情報通のMark Gurman氏も体温計や非侵襲性の血糖値測定センサーは開発中ではあるものの、実用化までにあと数年はかかりそうだと主張しており、2022年あるいは2023年まで待ちとなりそうです。

バッテリー持続時間の短さは、Apple Watchにとっては長年にわたる課題でした。ほぼ全シリーズを通じて公称スペックの「1回の充電につき18時間」は一貫しているため、睡眠追跡機能が噂レベルに過ぎなかった当時もバッテリー持続時間を延ばすのではないかとの推測もあったほどです。

ほか、2018年発売のSeries 4から変わっていないデザインも一新され、iPhone 12のように直線的なフラットエッジになり、ディスプレイとカバーガラスのすき間を減らすラミネーション技術もテスト中だと噂されています。デザインは時計の重要な要素でもあり、特に新機能がなくとも買い替え需要が賑わうのかもしれません。

iPhone 13(仮)のProモデルには超広角カメラにAF追加、2022年には全モデルに搭載とのアナリスト予測

iPhone 13 Pro

今年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズは、製品名が「iPhone 12s」になる程度のマイナーチェンジに留まるとの予想も有力です。そのなかでアップグレードが期待できるのがカメラですが、高価なProモデル2つの超広角カメラにはオートフォーカス(AF)が追加されるとのアナリスト予測です。

超広角カメラは風景撮影などで広がりある写真が撮れる反面で、フォーカスが合いにくいためディティールが甘いなどの粗も目立つもの。それがAFが付くことで、迫力とシャープさを兼ねそなえた写真が初心者でも手軽に撮れるようになるかもしれません。

ほぼ時を同じくして、iPhone 13シリーズのダミーモデルと称される写真も流出しています。そちらではノッチ(画面上部の切り欠き)が小さくなり、Proではない標準およびminiモデルでは背面カメラが前年の縦一列から斜め配置への変更が確認できます。

そのiPhone 13とiPhone 13 mini(ともに仮称)でも、背面カメラにセンサーシフト式手ぶれ補正が追加されるとの噂もあります

しかし本当に注目されているのは、バッテリー容量が最大18%増やされるとの予想かもしれません。iPhone 12シリーズは一律に前年よりも減らされており、しかも最近のiOS 14.5以降はバッテリーの消耗が激しくなっているとの声もあり、「バッテリーが長持ちするiPhone」の復活を願うユーザーも少なくなさそうです。

今後のiPadには有機ELが?2022年にiPad Air、2023年にiPad Pro発売のウワサ

iPad Pro
Apple

12.9インチiPad Proに新技術のミニLEDディスプレイが搭載された直後ですが、2022年~2023年にかけて有機EL搭載モデルが次々と発売されるとの韓国サプライチェーン情報です。

業界メディアThe Elecいわく、初の有機EL版iPadは2022年発売であり、画面サイズは10.86インチ。そして2023年には11インチと12.9インチを準備中とのことで、それぞれiPad AirおよびiPad Proの将来モデルと思われます。

さらにAirとPro(それぞれ推測)モデルの違いは有機ELパネルの種類であり、Airにはリジッド(ガラス基板を使った硬い)パネルを採用し、Proモデル2つにはフレキシブル(柔らかい)パネルを採用するとのこと。このうちフレキシブルは端を折り曲げてナローベゼル化に向いた技術であることから、有機EL版iPad Proはさらに画面占有率が高くなると期待できそうです。

今後のアップル製品はiPadからMacBook AirにいたるまでミニLEDに移行するとの予測もあっただけに、ここで有機ELパネルの採用が広がるのは意外なことにも思えます。

しかしミニLEDディスプレイは「複数の領域に分割されたバックライトが発光する」構造的に、少なくとも現在の技術水準では色にじみ現象は避けがたいとの指摘もあり、完全にシフトしてしまうには不安が残るのかもしれません。

かたや有機ELパネルは大型化するとコストが高くつくため、これまでMacやiPadで採用を見送られてきたとの憶測もあります。もしかすると将来的には画面サイズの比較的小さなデバイスには有機ELを、より大型の(たとえばウワサの大型iPadなど)機器にはミニLEDを採用する棲み分けを図る可能性もありそうです。

AirPods Pro 2(仮)は2022年発売、革新的な健康機能を追加とのアナリスト予測

AirPods Pro 2

有名アナリストMing-Chi Kuo氏が、次期AirPods Proが2022年に発売され、「革新的な」健康モニタリング機能などを搭載すると投資家向けノートで述べています。もっともBloombergも同様の見通しを伝えていたもので、特に新たな情報が追加されたとは言えません。

それ以上に興味深いのは、Kuo氏がBeatsブランドの「Studio Buds」がApple H1チップではなくMedeaTek製チップを採用しているとの指摘です。その狙いは開発期間の短縮やコストの削減により高価なAirPodsと差別化するとともに、Androidデバイスとの互換性を高めるためと述べられています。

ちょうど米AmazonのStudio Buds販売ページで、サムスンの最新スマートフォンGalaxy S21が宣伝の一部として使われていて驚きを呼んでいます。これまでアップルは自社製品とAndroidとの連携をアピールするときも、古めでハイエンドではない他社製品ばかり使っていたためです。

先日のWWDC21ではビデオ通話アプリFaceTimeがWeb経由でAndroidとも通話可能になると発表されていましたが、今後アップルはAndroid市場に攻め込んでいくつもりかもしれません。