engadget

全国初となる電動3輪バイクのシェアサービスが愛知県春日井市で始まりました。同バイクはドコモ・バイクシェアが提供する専用アタッチメントを搭載しており、Futureが開発したスマートフォン用アプリ「かすがいGOGO!」から、ユーザー登録や利用・施錠などが行なえます。

この「Digital Mobiliti GOGO!シェア」は、ドコモ・バイクシェア・Future・かすがいGOGOの3社による実証実験との位置づけで、6月7日から8月31日まで実施予定。料金は無料で、JR勝川駅を拠点にサービスを展開します。

特徴は、ドコモ・バイクシェアが提供するシェアリングプラットフォーム用アタッチメントを搭載した点で、同アタッチメントを自転車以外で活用する初のケースとなります。

▲取り付けることで既存の車両をシェア車両として運用できる専用アタッチメント

なお、3輪バイクはフル電動となっており、利用には普通自動車免許などが必要です。

engadget

フル電動車両によるマイクロモビリティサービスは、日本ではLuupなどが電動キックボードで提供しています。電動3輪バイクによるサービスが今後広がるか注目したいところです。

Source:ドコモ・バイクシェア

関連
合法的にヘルメットなしで乗れる電動キックボードシェア「LUUP」を体験