Capcom

カプコンが、人気ゲームシリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』を5月8日に発売すると発表、予約受付を開始しました。当初はPS5 / Xbox Series X / PC向けが発売予定とされていましたが、新たにPS4 / Xbox Oneへの対応が告知されています。

PS4版を購入したユーザーは後に追加費用なしでPS5対応のデジタル版に無償アップグレードが可能、Xbox One版はスマートデリバリーを通じてXbox Series Xで無料でプレイ可能になるとのこと。

例によっていくつかのエディションが用意されており、すべてのハードウェア向けにコンテンツを追加した「デジタル デラックス エディション」を用意。パッケージ版では「デジタル デラックス エディション」にクリスのフィギュアやスチールブック、アートブック、両面ポスター、トラウマパックのプロダクトコードなどを同梱する「コレクターズ エディション」が発売されます。

またストーリー的に関連する前作を未プレイのプレイヤーには、『バイオハザード7』と『バイオハザード ヴィレッジ』をセットにしたデジタルバンドル版も用意されました。デジタルバンドル版を購入したユーザーは5月の発売日までに『バイオハザード7』でたっぷりと予習しておくことができます。

なおPS5限定で『MAIDEN』と名付けられたビジュアルデモが1月22日より配信を開始。プレイヤーとなる少女を捜査して閉鎖空間からの脱出を目指す内容になっています。またカプコンは『MAIDEN』とは別の体験版も別途準備中と述べました。

さらに『バイオハザード ヴィレッジ』購入者は無料でオンラインマルチプレイゲームの『バイオハザード RE:バース』もプレイが可能になります。これはシリーズ25周年記念作であり、シリーズの人気キャラ4人~6人で争い、5分間で最も多くの相手キャラを倒しポイントを稼いだプレイヤーが勝利を手にするという内容。ただし、キャラは倒されるとB.O.W.(有機生命体兵器)に進化するため、戦略的に倒されることも考えたプレイが最終的な勝利に結びつく模様です。

なお、『バイオハザード RE:バース』はPS4およびXbox One版のクローズドベータテストを1月28~30日に実施予定。参加希望者は専用サイトから応募できます。

『バイオハザード ヴィレッジ』の税抜価格は単品パッケージが7990円。こちらもパッケージ版の『コレクターズ エディション』が2万8790円。いずれもPS5 / PS4向けが発売されます。

全ハードに対応するダウンロード通常版は7264円。「デジタル デラックス エディション」はコンソール版が8173円、PC版が8276円。

そして『ヴィレッジ』と『7』をセットにした『コンプリートバンドル』は9082円。別売りのDLC「トラウマパック」は1182円。

source:Biohazard Village