ビットキーは、従来比で解錠速度が205%(約3倍)に向上したスマートロック「bitlock PRO」を法人向けに発売しました。

「bitlock PRO」は、既存の扉に後付けできるスマートロックです。物理ボタン式だった従来品と異なり、タッチパネル方式を採用。解錠速度も向上しており、解錠時に『待たされる感覚』を低減しています。

さらに、従来モデルでは電池が8本必要でしたが、bitlock PROでは電池寿命を維持しつつ4本で動作します。さらに、ACアダプタ給電にも対応し、電池交換を不要で利用できます。

解錠手段は、社員証や交通系ICカード、スマートフォンアプリ、テンキー、モバイルSuica・Apple Watch、遠隔解錠、タッチパネル等の7つに対応。オプションでQRコードや顔認証にも対応します。

また「bitlock PRO」では、ビットキーが提供する法人向け認証クラウドの「workhub Cloud」に対応。スマートロックをビルのセキュリティシステムやSlack、Microsoft 365、Google Workspace等のビジネスツールと連携して管理できます。

この「bitlock PRO」について、シェアオフィスの青山アラマンダワークコートが100台を先行導入。オフィスの会議室や個室の入退室や会員管理・会議室予約・請求情報管理などに利用します。