Engadget

ステイホーム中の人々の不安を和らげてくれたという意味では「ベストバイ」と言えるのがタイのBLドラマです。私は7月に原稿を書くために見始めて、まだ新入りなのですが、今年の夏はどこにも行けない代わりに心はずっとタイにおりました。イケメンすぎる2人が出てくる「2gether」にはじまり、「SOTUS」「Theory of love」「TonhonChonlatee」など……。

「2gether」に関しては主演のBrightとWinがリアルカップルかどうか気になって、2人のSNSや関連パラエティ番組を見たり「BrightWin real」で検索し、延々と検証していたらあっという間に半日経っていたり、ほぼ廃人状態でした。タイのドラマは供給量が多く、ユルいけれどイケメンだらけのバラエティ番組が毎週のようにYouTubeにアップされ、頻繁にイベントが開催されたりしていて、コロナを感じさせません。

調べたらタイの感染者数は12月に再流行するまでは、11月は1日10人以下の日があるほど感染を抑えていたのです。だからこんなにイベントが開けてフェイスガードもアクリル板もなしで番組制作ができるんですね。うらやましいです……。それをほぼリアルタイムでストリーミングやYouTubeで見られるとはいい時代になりました。楽天TVも有料ですが、いつの間にかアジアBLが大充実しています。

YouTubeのタイBLはタイ語に英語字幕がついていることが多く、おかげで英語を速読するはめになって英語の勉強になりました。こんなに真剣に英文を読むことはなかなかありません。でも、時おりドラマがいつの間にか再生できなくなってしまうことがありました。

俗に言う「ジオブロック」です。今ブームのタイBLにどこかの会社が目を付けて、有料配信するために版権を買ってYouTubeでは見られないようにしてしまう現象です。無料視聴に慣れた人々には不評で炎上することも……。急に動画を視聴できなくなって、次々と版権が買われていくのを目の当たりにしました。大金が背後で動いているのを体感。タイBLに景気の良さもわけてもらいたいです。

Engadget