Engadget

ブラックシャーク科技ジャパンは1月28日、ゲーミングスマートフォン「Black Shark 3」の価格改定を発表しました。これまでは6万9800円(税込み、以下同)でしたが1万円引きの5万9800円にて販売します。

Black Shark 3(Amazon)

Black Shark 3」はXiaomiが出資するゲーミングスマートフォンメーカーの製品です。6.67インチ(2400 x 1080)の有機ELディスプレイを搭載し、1秒あたりのタッチ感知回数の上限は270Hz/1回で、タッチレイテンシ(遅延時間)も最短24msに抑えています。SoCはSnapdragon 865で、メモリは8GB、ストレージは128GBです。

Engadget

5G接続に対応し、NSAネットワークとSAの両方をサポートするのも特徴。無線LAN規格は最新のWi-Fi 6(802.11ax)に対応し、内臓アンテナをX状に配置したことで、デバイスを横持ちした時に最も安定した接続が可能になるとのこと。

バッテリー容量は4720mAhで、液体冷却システムを採用していることも大きな特徴です。具体的には、2つの長い液体冷却パイプをボードの両側から挟み込むように配置し、SoC、Wi-Fiチップセット、5Gモデム、充電回路、その他の加熱コンポーネントが接触することで両側から熱を拡散でき、液体冷却パイプ1本と比べて冷却効果が150%向上しているといいます。

5Gゲーミングスマホ Black Shark 3 予約開始

Engadget

数量限定特典で「Black Shark Magnet Charging Cable」(2800円) のプレゼントも用意しています。このケーブルは背面から充電可能な、Black Shark 3 専用のマグネット式充電を採用しています。

Black Shark 3(Amazon)

Source: PRTIMES