12K/60fps録画可能な「Blackmagic URSA Mini Pro 12K」発表 新スーパー35イメージセンサー搭載

ある意味お安い?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Blackmagic URSA Mini Pro 12K
Blackmagic URSA Mini Pro 12K

ブラックマジックデザインは12K解像度/60fps撮影が可能なカメラ「Blackmagic URSA Mini Pro 12K」を発表しました。

Blackmagic URSA Mini Pro 12Kは1万2288 x 6480ドットの新型12Kスーパー35イメージセンサーを搭載。同センサーは14ストップのダイナミックレンジを実現しています。

撮影可能な解像度としては、12K/60fps、8K/110fps、4Kスーパー16/220fpsをサポート。またBlackmagic RAWコーデックや第5世代Blackmagicカラーサイエンスも利用できます。

本体にはPL、EF、Fマウントレンズが装着可能。さらに交換可能なPLマウント、内蔵NDフィルター、デュアルCFastおよびUHS-II SDカードレコーダー、SuperSpeed USB-C拡張ポートなどを搭載しています。

Blackmagic URSA Mini Pro 12Kの価格は9995ドル(約110万円)。劇場映画やVFX、テレビCM撮影などでの活躍が期待されます。

Source: ブラックマジックデザイン

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blackmagic design, Camera, news, gear
0シェア
FacebookTwitter