Mike Blake / Reuters
Mike Blake / Reuters

Blizzard Entertainmentが、2022年2月にオンラインでの開催を予定していたゲームファン向けイベントBlizzConline を中止すると発表しました。

Blizzardは毎年11月にファン向けのゲーム関連イベントBlizzConを開催していましたが、新型コロナウィルスのパンデミックの影響で、2020年のBlizzConは取りやめにしていました。さらに、2021年のBlizzConは2022年2月にオンラインでの開催とし、その開催形態も変更すると発表していました。しかし今回の発表では、そのBlizzConのオンライン開催も中止にすると述べています。

中止の理由については声明で「このようなショーを開催するために必要なエネルギーは、今は私たちのチームをサポートし、私たちのゲームや体験の開発を進めることに向けるのが最善だと考えています」としています。

ストレートに述べてはいないものの、 Blizzardはここ数か月続いているのセクハラ問題への対応に追われている状態。そんななかでBlizzConという新しい形式でのイベントに向けた準備には時間がかかりすぎるとのことです。そして「将来のイベントがどうなるにせよ、可能な限り安全で、友好的で、包括的に感じられるようにする必要があります」としました。

なお、2月に予定していたBlizzConは開催されないものの、Blizzardは注目度の高い『Diablo 4』と『Overwatch 2』の開発を現在も継続中です。ただし、いずれもまだリリース日は明らかになっていません。ゲームファンは、新たな形でのBlizzCon開催と、新作の発売を楽しみにして待ちたいところです。

Source:Blizzard Entertainment