Epic、iOS/macOS版フォートナイトで新シーズン配信せず。「アップルがブロックしているから」

なぜApp Storeで配布してないMac版まで

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年08月27日, 午後 12:30 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Fortnite
Epic Games

Epic Gamesは人気ゲーム「Fortnite」の新シーズン(チャプター2-シーズン4)アップデートを、iOSおよびmacOS版に対してはリリースしないと正式に発表しました。

同社の主張では「アップルがApp Storeにおいてアップデートと新規インストールをブロックしており、アップルのデバイス向けにフォートナイト開発を許可しないと通告してきた」結果とされています。

これはフォートナイトのApp Store削除をめぐる法廷闘争にて、ひとまず裁判所の判断がくだされた件を受けてのことです。

担当判事はアプリ削除については妥当と認め、フォートナイトを「以前の状態(ガイドライン違反の直接支払いオプションを削除した状態)」に戻してApp Storeに復帰させ、訴訟が進行している間もゲームの運営を続けることを推奨。アップルも判事の発言を引用して「直接支払い削除したら」の但し書き付きでフォートナイト復帰歓迎を表明していましたが、Epicが拒否した格好です。

このため新シーズン配信後は、アップデートされないiOS/macOS版とそれ以外のプラットフォーム版、2つの異なるバージョンが存在することになります。このためEpicはテックメディアThe Vergeに、クロスプラットフォームプレイが不可能になると回答。すなわちアップル製品のプレイヤーは、他のプラットフォームの友人と一緒にプレイできなくなります。

なおiOS版はともかくとして、App Storeで配布されていないMac版フォートナイトが、なぜアップデートできないのかは明らかにされていません。

アップルはUnreal Engineを含む開発者アカウントの全停止を予告していましたが、裁判所にはゲーム産業や他社、一般プレイヤーまで巻き込む必然性はないとして却下されています。つまりMac版のアップデートに何ら支障はないはずですが、Epicは上記のように「アップル製デバイス向け」をひと括りとして更新を差し控えている模様です。

Epicは対アップル訴訟特設サイト#FreeFortniteにて、アップルが同社への直接支払いオプションを削除するよう求めていることへの反対を、改めて表明しています。

先方の提案は「Epicがアップルと結託してiOSのアプリ内課金の独占を維持し、自由市場の競争を抑制し、価格を高騰させることへの誘い」であり、「原則として、私たちはこのスキームには参加しません」として、徹底抗戦の決意が述べられています。

今回の訴訟ではアップル側から、EpicがiPhone向け独自アプリストアの立ち上げ許可まで要求していた事実が明かされていました。だとすれば直接支払いオプションはEpicが求める「フォートナイトの自由」の入り口に過ぎず、譲れない一線のはず。アップル製品であるMacやそのユーザーも、聖戦の巻き込まれ事故に遭っているのかもしれません。

Source:Epic Games

Via:The Verge

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, Epic Games, Fortnite, lawsuits, macOS, iOS, appstore, news, gear, gaming
0シェア
FacebookTwitter