Shadow of Colossus
sony

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、ゲーム開発スタジオ Bluepoint Games の買収について正式契約を締結したことを発表しました。

Bluepoint Games は2006年創業の開発会社。米国テキサス州オースティンを拠点に、主にPSプラットフォーム向けのリマスターや移植を手掛けてきました。

最近のタイトルではPS5のロンチタイトル『デモンズソウル』や、PS4版の『アンチャーテッドコレクション』、リマスター版『ワンダと巨像』など。

特に『ワンダと巨像 / Shadow of the Colossus』は2011年のPS3版HDリマスター、2018年のPS4版で計二度のリマスター移植を担当。PS4版では4K対応の高精細アセットをコンセプトアートまで遡って新規作成したり、ファーや布の挙動シミュレーション等も完全に作り直したうえで、ゲームのロジック部分はPS2由来のPS3版コードを新規エンジンと同期して走らせることで、生まれ変わったグラフィックとオリジナルに忠実な手触りのリマスターを実現していました。

PS4『ワンダと巨像』レビュー。不朽の名作を忠実フルリメイク、美しく遊びやすく

 プレイステーション向けのリマスターが多いため、むしろソニー傘下でなかったことが意外かもしれませんが、過去にはメタルギアソリッドやタイタンフォールのXbox 360向け移植も担当しています。

移植やリマスターではない独自作品は、設立第一作かつPS3のロンチタイトルだった『BLAST・FACTOR』のみ。同じくソニー傘下になった Housemarque の『Stardust』シリーズや、Bizarre Creations / アクティビジョンの『ジオメトリウォーズ』のようなツインスティックシューターで、敵が微生物だったアレです。

SIE PlayStation Studios 統括責任者ハーマン・ハルスト氏、Bluepoint社プレジデント マルコ・スラッシュ氏のコメントはこちら。

「Bluepointが開発に携わり高い評価を獲得しているプレイステーションプラットフォーム向けリメイクやリマスターは唯一無二の存在であり、いずれも私たちがPlayStation Studiosに求める高いレベルのクオリティを凌駕しています。同社はSIEのハードウェア開発やプレイステーションプラットフォーム向けのタイトル開発に知見を有し、美しい世界観と心をつかむキャラクターが持つ芸術性を理解しています。Bluepointの才能溢れるチームが持つクリエイティブなエネルギーとスキルは、開発中のタイトルに新たな生命を吹き込んでくれるでしょう。同社を正式にPlayStation Studiosに迎え入れることを非常に喜ばしく思っています。」

(SIE PlayStation Studios 統括責任者 ハーマン・ハルスト)

「BluepointとSIEには長年に亘る信頼関係があります。私たちの最初のゲームである『BLAST・FACTOR』はプレイステーション®3のローンチタイトルであり、最新作の『Demon's Souls』はPS5のローンチタイトル全体のレベルをさらに高めました。私たちはSIEと同じ価値を共有し、SIEと同じように素晴らしいゲームを新たに開発することに全力を注いでいます。PlayStation Studiosへの加入によりBluepointのカルチャーとアイデンティティを保ちながら、才能と熱意溢れるクリエイターが集結したチームが、これまで以上に作品の質を高め、より大きな開発に取り組んでまいります。」

(Bluepoint 社長 マルコ・スラッシュ)

買収金額等の条件は非公開。

ソニーのいわゆるファーストパーティスタジオ群である PlayStation Studios (旧称 SIEワールドワイドスタジオ)は立て続けの買収ラッシュで所属スタジオを増やしており、2021年9月には英国リバプールのファイアースプライト社を、6月にはPS5『Returnal / リターナル』を開発したフィンランドの Housemarqueを傘下に収めています。

ソニーがファイアースプライトを買収。旧リバプール / Psygnosis組が古巣で新作開発

PS5『Returnal』レビュー。無限に遊べるローグxメトロイド風TPS、老舗の野心的快作