Engadget

GREEN FUNDINGにてVRサイクリングシステム「Blync」のプロジェクトを実施しています。39%OFFの16800円などの早割りを展開しており、プロジェクト期間は2021年8月31日までです。

Engadget

「Blync」は方向センサーと速度センサーを愛用の自転車にセットすることで、対応したゲームやアプリでサイクリングを楽しめるガジェットです。

Engadget

Engadget

「Blync」はMacやWindows、iPhoneやOculusなど各種デバイスに対応しています。走行中の速度の表示はもちろん、センサーから割り出された消費カロリーも、セッション終了後に確認できます。

「Blync」専用のアプリはデバイスがあれば無料でプレイできますが、プレミアム会員(7.99ドル/月)も用意しています。無料アカウントでは3セッション分の走行データしかアプリに残りませんが、プレミアムアカウントならすべてのデータを保存できるなどのメリットがあります。

Engadget

ゲーム作成アプリUnityを使うことでオリジナルのコースを作成可能です。Windowsのパソコンであれば、キーボード設定アプリ「Blync Keyboard Controller」を利用して既存のWindows対応ゲームでサイクリングできます。

Engadget

パスセンサー仕様

サイズ 25.5×38.5×9.0cm

重さ 1.86kg

くぼみサイズ(幅) 3cm、6cm

電源 1.5V リチウム単三電池×2、または micro USBポート(5V)

通信方法 Bluetooth

最大耐荷重量 100kg

スピードセンサー仕様

サイズ 36×30×13.8mm

重さ 9g

電源 ボタン型電池CR2032

電池寿命 約320時間

防水グレード IP67

動作温度 −20〜60℃

通信 ANT+/BLE

測定限界 120km/h/300rpm

その他仕様

対応機器 Windows10、Mac、Android、iOS 11.0以上、Oculus Quest/Go、Oculus Rift

同梱物 パスセンサー、スピードセンサー、充電用micro USBケーブル、ゴムマット、ゴムバンド、説明書(日本語)

プレミアムアカウント 7.99ドル/月(PC版より購入可)

開発/製造 カナダ/中国