自動車メーカーの独BMWはCES 2022にて、外装の色を瞬時に変える事ができるコンセプトカー「BMW iX Flow featuring E Ink」を発表しました。その名が示すとおり、電子インク(電子ペーパー)でおなじみE Inkの技術を応用しています。

電子インクとは、画像を表示するカプセルの内部にて色素を移動させることで、ディスプレイ表示を行う技術です。表示中に電力を消費しない、光を反射するので直射日光下でも視認性が落ちないなどの特徴があり、電子書籍リーダーなどで幅広く利用されています。

BMW iX Flow featuring E Inkでは、電子インク業界では代表的なE Ink社の技術を採用。ボタン一つで、本体色を白から黒へ、あるいは黒から白へと変化させることができます。

その利点はユーザーの気分を変えられるといったファッション的なものから、天候によって色を変えることで車内温度の上昇を防ぐ、あるいは熱を吸収することで暖房による電力消費をおさえ、航続距離を伸ばすという実用的なものまで、さまざまです。また、広告表示に利用するなど商業的な用途も十分想定できます。

現時点ではBMW iX Flow featuring E Inkでは一組の色(白黒)しか表現できませんが、今後はカラー表示への対応も計画しているとのこと。近い将来、自動車の色を気分によって変えたり、購入時に車体色の選択で悩まなくてすむ未来がくるのかもしれません。

Source: BMW