BMW M初の完全EVとして「i4 M」を準備中。2021年には登場へ

電気自動車にも”M”がやってくる

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
2020年09月28日, 午後 07:30 in BMW
0シェア
FacebookTwitter
BMW
BMW

BMWの高性能スポーツバージョンを開発する部隊BMW Mが、クーペタイプの電気自動車”i4”をベースとする”i4 M”を開発中であることを明らかにしました。BMW Mのボス、マーカス・フラシュ氏が、i4 Mについて新しいBMW M3 / M4のメディア発表の前に発言したとCarAdviceは伝えています

Mシリーズ初の完全電気自動車となるi4 Mは、ガチガチのスポーツバージョンではなく「パフォーマンスセグメントのクルマになるだろう」とフラシュ氏は述べています。パフォーマンスセグメントとはなんぞや?という感じではありますが、おそらくは既存モデルで言うところのM350iだとか、M550iといったM3やM5などのスペシャルモデルよりはマイルドな味付けをしたバージョンと同様の位置づけと考えられます。

BMW Mシリーズの名に見合うだけのバッテリー技術がまだないため、本格的なMモデルが登場するにはまだ時間がかかりそうですが、BMWはパワートレインの出力やバッテリー容量だけが性能指標ではなく、ハンドリングや走行中のエンジン音に変わるサウンド(ハンス・ジマーと提携)にいたるまで、総合的な面でどんな魅力的なMとしての提案ができるかを考えたいとしています。バッテリーによる車重の増加もBMWにとっては課題のひとつとされます。

Gallery: BMW i4 Concept | of 20 Photos

  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW
  • BMW
    BMW
    Image Credit: BMW

BMWは今年はじめにi4をコンセプトバージョンとして予告しました。その段階ですでにBMWの新型モデルらしいスタイリッシュさがインテリア/エクステリアともに示されていましたが、この時点ですでに出力530ps、0-100km/h加速約4秒というパフォーマンスを与えています。

i4のパフォーマンスバージョンとなるi4 Mがどのような仕上がりになってくるかは、車好きにとっては楽しみなところに違いありません。

source:CarAdvice


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: BMW, BMW M, i4, EV, electric car, electric vehicle, news, gear, tomorrow
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents