イーロン・マスクの地下交通システム、ラスベガスのリゾート2社が接続を申請中

便利になるのは良いことだ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月10日, 午前 11:40 in boring company
0シェア
FacebookTwitter
The Boring Company

ラスベガス・コンベンションセンターの地下を走るThe Boring Companyの地下交通システム「Loop」は2021年に開通する予定です。この新しい輸送システムに対し、2つのリゾート会社が接続したいとラスベガスがあるネバダ州クラーク郡に申請していることが明らかになりました。

申請しているのはWynn Las Vegasと、現在建設中のResorts World Las Vegas。申請が通れば、Loopはこれら2つのリゾートまで延伸し、それぞれの客をコンベンションセンターまで2分ほどで運ぶことが可能になります。ラスベガス観光局のスティーブ・ヒル氏は「われわれは地域全体のリゾートと対話しています。これを実行したいと考えているリゾートは2つ以上あります。そしてこれら2つは、意味のある最初の2つです」と述べ、さらにほかにもLoopをひきたいリゾートがある可能性を示しました。

Resorts World Las Vegasはリリース文にて「コンベンションセンターを訪れる人たちは、周辺へのアクセスのために長距離を歩いたり交通渋滞を心配する必要がなくなります。食事や会議、個人的なアポイントメントに新しい交通システムを利用して、数分で会議や博覧会を行き来できるようになります」と述べています

ラスベガス・コンベンションセンターに作られているLoopはThe Boring Company初の商業運用路線になる見込みです。

source:Las Vegas Sun
coverage:Resorts World Las Vegas

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: boring company, elon musk, las vegas convention center, wynn las vegas, resorts world las vegas, encore hotel, transit, station, las vegas, tesla, autonomous, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents