ブラックマジックデザインは新型シネマカメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Pro」を発表しました。

手軽にシネマクオリティの動画が撮影できると評判の、Blackmagic Pocket Cinema Camera(BPCC)シリーズ。今回のBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K Proでの進化点としては、2、4、6-stopの電動NDフィルターを内蔵しています。これにより、直射日光の照りつける屋外から暗所まで、カメラ単体でさまざまな環境での撮影に対応できます。

背面には5インチ/1500ニトの高輝度なHDRタッチスクリーンを採用。こちらはチルトが可能となっており、撮影の柔軟度が向上しています。また、大容量なNP-F570式バッテリーをサポート。さらにオプションとなりますが、電子ビューファインダー「Blackmagic Pocket Cinema Camera Pro EVF」も装着可能です。

基本スペックとしては、6K解像度のスーパー35 HDRイメージセンサーを搭載。こちらは13ストップのダイナミックレンジと2万5600までのデュアルネイティブISOに対応しています。これによりフル解像度で60fpsまで、ウィンドウで120fpsでの撮影が可能です。なお、レンズシステムとしてはキヤノンのEFレンズマウントに対応しています。また従来モデルと同じく、プロ向け動画編集ソフトの「DaVinci Resolve Studio」が付属しています。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Proの海外価格は2495ドル(約26万円)。ますます需要の高まる動画コンテンツの撮影に、活躍してくれること必須な1台となりそうです。

Source: ブラックマジックデザイン