Brave
Brave

プライバシー重視のBraveブラウザを開発するBraveは10月19日(現地時間)、デフォルトの検索エンジンを独自のBrave Searchに置き換えると発表しました。米国、英国、カナダでは現在のGoogleから変更。ドイツとフランスでは、それぞれデフォルトの検索エンジンとしてDuckDuckGoとQwantを利用していますが、こちらもBrave Searchに変更されます。

この変更はデスクトップ版だけではなく、iOSとAndroidでも同様です。今後数か月以内にさらに多くの地域で変更するとしています。なお、Brave Searchに切り替わる場合にも、既存の検索エンジンの設定は保持されており、いつでもGoogleなど他の検索エンジンに変更可能です。

現時点ではBrave Searchには広告は表示されませんが、無料版にはまもなく広告の表示が行われる予定です。近い将来、広告がないプレミアムバージョンも提供予定としています。

ウェブサイト上で他のブラウザからも利用できるBrave Searchは、2020年6月のリリース以来大幅に成長しており、現在は月間約8000万件のクエリが実行されているとのこと。Brave CEOで共同設立者のBrendan Eich氏は、Brave Searchがデフォルトの検索オプションになることで、ユーザーにシームレスなプライバシー・バイ・デフォルトのオンライン体験を提供できるとしています。

なお、Brave Searchのデフォルト化に伴い、Web Discovery Project(WDP)という取り組みも発表されています。オプトイン方式のWDPは、Braveブラウザ内で行われた検索やウェブページアクセスに関するデータを匿名化した上で提供するというもの。このデータをBrave Searchのインデックス作成に役立てます。

Braveは「Big Techの検索プロバイダーは、ユーザーに尋ねることなくこれらのデータを収集し、インデックスを継続的に増やし、その結果が古くならないようにします」とした上で、WDPについて「ユーザーに適切な検索結果を提供するための、検索インデックスの構築方法を根本的に変えるもの」と説明しています。

Source: Brave