BRZRKR Keanu Reeves comics
BOOM! Studios

Netflix が、キアヌ・リーブス作の漫画『BRZRKR』を本人主演で実写映画化・アニメシリーズ化します。

『BRZRKR』はキアヌが原案とストーリーを手掛けるコミック作品。キアヌがライターの Matt Kindt と共同で執筆し、『スパイダーマン』や『キャプテン・アメリカ』も手掛けたアーティスト Ron Garnet が作画を担当します。

お話は主人公『B』または Berzerker と呼ばれる半神半人・不老不死の戦士が、自分の正体にまつわる真実と戦いからの解放を求めて世界をさまよう内容。

BRZRKR Keanu Reeves comics
BOOM! Studios

3月に刊行された第一話の時点では、Berzerker は合衆国政府の傭兵として常人には不可能な任務を請け負うことと引き換えに、自分の正体についての真実と生からの解放を求めている筋立てです。

原案・執筆のキアヌ・リーブスいわく、Berzerker は戦神の子として生まれ、8万年にわたる生涯を戦いに費やしてきた人物。(呪われた戦士であると同時に8万年分の記憶と知識を備えているため、たとえばヒエログリフの解読の間違いを指摘しちゃったりもできるらしい。)

死にたくても死ねない一方で無敵ではなく、古今の戦いに身を投じたものの歴史の表舞台から逃れるため自らの死を偽装し世界を彷徨ってきたという、いわゆる「呪われたイモータル・ウォリアー」ものです。不老不死あるあるとしてデッドプールのように死と解放を願う一方、不老不死の秘密や数万年に及ぶ知識を狙う勢力に追われる立場でもあります。

ネトフリ版は漫画をキアヌ・リーブス本人主演で実写化した映画と、また別の時代を舞台にしたスピンオフアニメシリーズになる予定。アニメ版でもキアヌが同じ役を演じます。

コミックスの BRZRKR は全12話・3巻になる予定。毎月一冊(一話)のペースで刊行し、4話分をまとめた単行本も今年5月から順次発売する見込みです。ネトフリ映画とアニメシリーズの制作・配信スケジュールについては未発表。

コミックスのストーリー執筆はベテランのライター Matt Kindt と共同で、映画やアニメ版についてもまた別の脚本家が担当するものとは思いますが、映画でキアヌ演じる主人公が超絶かっこいいキメ台詞を吐いたときも「これ本人がノリノリで書いたんだろうなあ」と考えてしまいそうです。

BRZRKR Keanu Reeves comics
BOOM! Studios

About Netflix - Netflix To Develop Live-action Film Based On Keanu Reeves’s Comic Book “Brzrkr”; Reeves To Star In And Produce

Netflix to Develop Live-Action Film Based on Keanu Reeves’ Comic Book BRZRKR