Buffalo Nasne
Nasne

3月末の発売以来、入荷しては即日完売続きだったバッファロー版 nasne が受注を再開しました。18日18時の時点ではまだ購入でき、納期も近い5月24日となっています。

バッファロー nasne HDDレコーダー (Amazon)

商品構成は内蔵2TBストレージの単一モデルのみ、価格は2万9800円。アマゾンのバッファロー公式ストアのみの販売です。

3月の予約受付開始で瞬殺のあと、およそ半月ほどの間隔で入荷と受注再開を繰り返していましたが、今回は前回の売り切れから約1週間。

需給バランスはどうにか安定してきたようですが、従来は受注再開当日のうちにことごとく売り切れているため、気づいたときには売り切れで涙を飲んだかたは早めの確認をおすすめします。

Buffalo Nasne
Nasne

nasne とは何か?のおさらいはこちらの発売記事をどうぞ。

バッファローの新生 nasne 、アマゾンで予約受付開始。内蔵2TBと高性能化で2万9800円

要はテレビにHDMI接続するかわり LANに接続するレコーダー(デジタルチューナー + ストレージ)で、ソニーの開発した torne アプリでアクセスします。

ネットワークにつながった機器ならPS4やPC、スマホ、タブレット、Chromecast with Google TVなど家中のデバイスから、放送中のリアルタイム番組も録画番組も視聴できるようになる、新しいかたちの「テレビ」です。

元々はプレイステーションを快適なレコーダーにする発想で作られましたが、現在はモバイルアプリの torne mobile でも使えるため、セットアップにも使用にもPS4は必要ありません。

自宅のLAN圏内に限らず出先からもアクセスできるため、スマホのモバイルデータ通信で放送中の番組を見ることも、自宅にある録画番組をストリーミング動画配信サービスのように見ることも。

SIE版の旧nasneからパワーアップした点は、ストレージが内蔵2TB+拡張6TBの最大8TBになったこと、ポータブルHDDやSSDが使えるようになり増設が楽になったこと、NAS機能(ファイルサーバ機能)のプロトコルがSMB 2.0になり、Windows 10 PCからそのままネットワーク上のドライブとして扱えるようになったこと、iOS / iPadOS で720p 視聴が可能になったことなど。

旧モデルとは互換性があり、買い足し混在でもチューナーとストレージが増えた扱いで同じ torne アプリから使えます。

(一方、SIE製の旧nasneでは対応していた Video & TV SideView アプリ、PS3やPS Vitaの torne アプリ等は非対応になりました。)

torne mobile / nasne
Sony

動画配信サービスの普及で楽に見られる映画やドラマ、アニメなどのコンテンツは増えましたが、リアルタイム性の高い番組は配信されないことやアーカイブ視聴に制限があることも多く、アニメ等は配信が放送より数日や一週間遅れることも珍しくありません。nasneならばスマホのSNSでトレンドにあがった放送中の番組をその場ですぐチェックできます。

nasne(ナスネ)™ | バッファロー | いつでも、どこでもテレビが楽しめるネットワークレコーダー&メディアストレージ | BUFFALO

バッファロー nasne HDDレコーダー (Amazon)