#{Settings.contact.official.service_name}でこのプロジェクトを支援する

特殊な貼り合わせ製法

財布の多くは“縫製”で作られます。

針と糸を用いて縫い進み、パーツを固定するものです。

ポピュラーな作り方ですが、私は使いやすさとコンパクトさを求めると

どうしても縫製ではかなわなくなり、

特殊な貼り合わせ製法を確立させました。

上記の図はどちらもカード6枚、紙幣10枚、コイン15枚収納時の厚さ比較です。左の縫製財布も特段厚すぎることはないのですが、貼り合わせ製法のbuffoがいかに薄いかお分かりになるでしょうか。

簡単に説明しますと「先に内装を組み立て、外装で包み込み、最後に蓋革を載せる」この工程に強力な接着剤やノリで固定するという物です。もちろんただ奇をてらったわけではなく、合理的な空間づくりなどに大きく貢献しています。

まず縫い代が必要ないので、収納物の形ピッタリに作る事ができます。また縫うための面積が存在しないのでこちらの造形はすべて、収納物を美しく、隙間なく入れるためのものです。

また耐久性も向上しました。

ただ貼り合わせただけで、なぜそんな事が可能なのでしょうか。

財布を買い替える理由として、縫い目のヤブれ・糸の擦り切れが挙げられます。

革は強い素材ですが、縫うという行為は穴を等間隔であける事。これはチケットのミシン目で、強い力がかかるとビリビリに破れる恐れがあります。しかし貼り合わせ製法はそもそも縫わないので、そういった縫い目問題とは無縁なのです。強く美しい製品が生まれました※ファスナー部のみ縫製でお作りしています。

そんなメリットばかりの製法は、全箇所必ず2枚以上の革が覆う事となります。たくさん革が重なると財布本体が厚くなるので、革自体を薄くしなければなりません。研究を重ねた結果、理論上は厚さ1枚0.4mmでも可能でしたが、安全マージンを取り約0.6mmまで薄くすることにしました。これが薄型財布になりえたワケですね。


クロム&タンニンのコンビ鞣し革“ラメール”100%使用

しかし一般的な革を薄くしすぎると、耐久性がないのはもちろん形状維持すら難しい。そこでとりわけハリの強い、本革ラメールを採用しました。北米産の原皮(ステアハイド)を日本の姫路・大喜皮革で加工した革で、独特のハリ感とバネ感を併せ持っています。クロム鞣し後、天然タンニンをたくさん食わせる大喜特有のコンビ鞣しが施されています。柄の高級感は十分ですし、汚れがついても取りやすいのでコンパクト財布buffoにピッタリ。そもそもバッグの表側などにも使う革ですが、それを普段見えない内装の裏面まで、全箇所総張りしました。この贅沢さもお楽しみください。


スルッと入って、がっちりホールド!紙幣ポケット

財布にとって紙幣は大きい収納物です。これをどれほどコンパクトに収められるかが重要です。それも貼り合わせ製法によって、無駄なく綺麗に収納可能。一万円札ギリギリに、しかし最低限の余裕を持たせて設計しました。マチも2mmあるので難なく入り、ストッパーも付けたのでコンパクト財布初心者の方も安心してご利用頂けます。


財布本体18mmにカードが6枚収納可能

カードはすべて1つのポケットで完結します。

予め6枚分立体的に膨らんでいるので、難なく収納可能!

この立体も貼り合わせ製法のなせるワザです。

スライド式カード収納

では断捨離まで可能なカード収納部はどのような仕組みなのか、①~③の順に分けて解説します。文字を見ると難しそうですが、要するに束をつかんで上から右方向に押すだけです。ちょうど切れ込み部が支点となりスムーズに広げることが可能です。

①束をつまみ出す......全てのカードを軽くつまみ出す

②1枚ずつ送り出す....トランプ手札のように、およそ一枚ずつ送る

③広げるだけ............カード右端が出ないようにすると使いやすさ◎

 

そして

またカードを戻す際は束の一番上に入れてください!

すると、よく使うカードは上に、使わないカードは下に溜まります!

お会計ごとにカードが頻度順になっていきます。

すると使わないカードは下に偏ることに。

これを利用すると、簡単にカード断捨離が可能!


極小なのに実用的!独立型の小銭入れ搭載

使い捨てライター程度のサイズ感ですが、マチが大きいので15枚ほど収納可能。

底が浅いので、コインをすぐに見つけて取ることが出来ます。

また財布本体を開かずに小銭入れのファスナーが開く独立型なので

自販機など少額のお会計にとても便利!

すこしマチを押すと開口部がひらくので、小さくても視認性・取り出しやすさが良好です。


「そもそも貼り合わせ製法って剥がれないの?」

基本的に、剥がれません。なぜなら前述の強力な接着剤とは高価な製靴用で、恐ろしいほどに強力だからです。しかし蓋革の端は、見栄えの観点から接着剤を少なくしており、擦るほどめくれる事が予想されます。そのためその周りに革芯材を入れて高さを持たせました。

これで蓋革の端が、めくれに強くなりました。

もちろん多少めくれようが問題はございません。

端がめくれて見栄えがお気になる方には、発送料程度のご負担で再接着いたしますので、どうぞご安心ください。


徹底した手価格を実現

よい素材、手間のかかる製法など、コンパクト財布buffoの特徴をたくさん書きつらねてまいりました。その分コストがかなり高くついてしまいます。そこで予め沢山お作りして、作業効率を上げて手間賃の削減、上質な紙の添え状も省き、梱包も最低限にすることに致しました。その分販売価格をかなり下げて、8,610円からのご提供に決定しました。性別・世代を超えて愛される製品を目指していたので、価格がネックになると意味がありません。少しでも多くの方にお届けできればうれしいです。


各色ブランド刻印の種類

当ページの「茶」モデルはたびたび焼き印で撮影されていますが、実際には下記のようにあまり色を付けない仕様でお送ります。「紺」「黒」はシルバーの刻印です。


製品と発送につきまして

商品寸法  :縦85mm 横90mm 高さ18mm 重さ40g

カラー   :茶、紺、黒

最適収納容量:カード6枚 コイン15枚 紙幣12枚

素材    :牛革(ラメール)

生産国   :日本

付属品   :なし(納品書と取扱説明書のみ同梱)

発送方法  :クリックポスト(追跡あり)


最後に

ここまでご覧くださり、ありがとうございます。私は今まで少しニッチな製品を作り続けてきました。しかし当製品が初めて、幅広い層に向けたものです。皆様にウケるかどうか分かりかねますが、少しでも使いやすいように工夫を凝らしております。製品の説明もできるだけわかりやすいように努めましたが、まだご不明点等ございましたら

どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。

 

製作者につきまして

個人的に、服や革について解説するyoutubeチャンネルイタリアオンエアを開設しております。「製作者はどんな人だろう」と少しでも気になられた方は、以下の動画をご覧いただければおよそお分かりになるかと思います。


【暴露】体に合うズボンの特徴!
どんなズボンも履き心地をワンアップさせる方法

※下記画像をタップすると動画ページに移ります


ご留意点

・当製品は接着剤を多用しておりますが、がっちりと固定するため多少製品からはみ出ている事があります。これは欠陥ではなく仕様ですので、ご理解頂ければ幸いです。・収納部の内装上部 角に隙間がございますが、立体的に成形する際にどうしても生じる物であり、正常でございます。 ・革表面に関しまして、製品寿命に影響するような傷などは除いていますが、影響のない物は使用しています。天然素材ゆえの個性でもございますので、ご了承くださいませ。 ・ご利用のモニター環境によって、実際の製品の色合いと異なって見える場合がございます。 ・製品につきまして、デザイン・仕様を一部変更する可能性がございます。 ・材料の仕入れ状況により、お届けが遅れる場合がございます。 ・ご指定の住所で受け取り頂けず、配達業者から返品された日付より7日お電話・メッセージが繋がらない場合、誠に恐れ入りますが、配送は中断いたします。ご支援の際は、必ずご都合の合う「お届け先」「お電話番号」を記入願います。