Cadillac
Cadillac

現在は北米の耐久レースIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権で活躍中のキャデラックが、2023年より新規定となるLMDhカテゴリーに新開発のマシン『LMDh-V.R』を持ち込み、IMSAシリーズチャンピオンとル・マン24時間総合優勝を目指すと発表しました。

現在、IMSAのプロトタイプカーは世界耐久選手権(WEC)で使用されるLMP2規定のマシンをベースとするDPiカテゴリーのマシンが使用されていますが、2023年からはパワートレインのハイブリッド化を含む変更を加えたLMDhカテゴリーとして生まれ変わり、ル・マン24時間レースを含むWECへの参戦も可能になることが決まっています。

LMDhはWECの最上位カテゴリーLMH(ル・マン・ハイパーカー)と細かい点で規定が異なるものの、実際のレースにおいては主催者側がBoP(性能調整)をくわえることでその性能を拮抗させる予定で、WEC / IMSA双方にそれぞれのマシンが参戦可能になるということで、自動車メーカーにとっては魅力的なカテゴリーになりつつあります。

現在、LMH規定のマシンですでにWECに参戦しているトヨタとグリッケンハウスに加え、今後はプジョーとフェラーリがこのカテゴリーへの参入を表明しています。一方、より低コストでマシン開発が可能になると言われるLMDhには、ポルシェ、アウディ、BMWといったドイツ勢、現在IMSAにDPiで参戦しているアキュラ(ホンダ)が参戦を発表済み。さらにフランスのアルピーヌも、LMH / もしくはLMDhカテゴリーのマシンを開発していずれかの選手権に参戦することを計画中とされます。

現在IMSAの首位争いをしているキャデラックは、最上位クラスでのIMSA参戦継続のためにはLMDhへの移行が必要です。そのため今回の発表にはさほど驚きはありません。しかしIMSAに加えてル・マン24時間の総合優勝を狙うという点を考えれば、ここ数年はトヨタ以外に総合優勝のチャンスがなかったル・マン24時間レースは、2023年からは群雄割拠の時代に突入しそうです。

Source:IMSA, WEC