Canon
Canon

キヤノンが、フルサイズミラーレスカメラ "EOS R3" の開発を発表しました。新開発35mmフルサイズ裏面照射積層型CMOSセンサーにDIGIC Xエンジンを搭載し、動画撮影と共に動体を含む静止画の撮影など本格的作品作りを行うプロからハイアマチュアのニーズに応える高い基本性能と信頼性を備えるモデルになるとのこと。

キヤノンいわく、EOS R3のコンセプトは「高速・高感度・高信頼性」とのこと。デジタル一眼レフのEOS-1シリーズと、フルサイズミラーレスEOS 5シリーズという高機能製品群の新たなラインとしての投入になるとされます。

EOS R3では電子シャッター撮影におけるAF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写と高感度を両立させ、歪み抑制、暗いシーンでの体の伊豆など歌い撮影を実現したと述べています。また「デュアルピクセル CMOS AF」では各画素が撮像と位相差AFの両機能を兼ねて、AFを高速・高精度、広範囲化。さらにディープラーニングを活かした人体検出アルゴリズムは頭部や瞳検出に加えて胴体を認識し、動きの大きいスポーツなどでも被写体をしっかり追尾します。

キヤノンのデジタルカメラとして初めて視線入力機能を備え、目の動きに合わせてAFフレームを動かし、被写体を素早く切り替えて快適な撮影が可能になるとリリースには説明されています。

ただし、今回は開発の発表ということで、EOS R3の価格や発売日、より詳細な仕様などはまた時期が来たら明らかになると思われます。プロ向けのフルサイズミラーレス機は、ニコンがZ9を、ソニーがα1(3月19日発売)でしのぎを削っています。ただ、EOS R3の名前からは、キヤノンがさらに上位の機種を用意している可能性を示していそうな雰囲気が漂っています。

Source:Canon