サイゼリヤ、キャッシュレス決済8月導入 硬貨利用減へ商品価格も改定

新型コロナ対策の「新しい生活様式」に対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月24日, 午前 09:40 in Covid-19
0シェア
FacebookTwitter
engadget
Engadget Japan

サイゼリヤは、キャッシュレス決済を8月より順次導入します。また、7月1日より商品価格を改定。399円の商品を400円、169円の商品を150円とするなど、端数のない価格に改定することで、1円・5円・10円硬貨の使用を減らし、取り扱い硬貨の8割削減を目指します。

この取り組みは、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした「新しい生活様式」に基づいたもの。

レジでの現金のやり取りは、ウイルスを媒介する可能性が指摘されており、キャッシュレス決済の導入に加えて、硬貨の使用を減らすことで、感染拡大の防止につなげる狙いがあります。

キャッシュレス決済は、新型コロナウイルスの感染拡大防止においても注目されており、政府は感染拡大を防止する生活様式の1つに「キャッシュレス決済の利用」を挙げています。

engadget
Engadget Japan

Sourceサイゼリヤ

 
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Covid-19, payment, news, gear, tomorrow
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents